出席:https://www.eva.ie.u-ryukyu.ac.jp/moodle

受講者リンク

参考となるページ

7/28 課題 (7/28出題)

  • つぎのようなURLでアクセスできるホームページを作成しなさい.
    http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~j050XX
  • 箇条書き,画像データを使い,趣味を紹介するページfun.htmlをつくりなさい.但し,最初のページからリンク差照れ居ること.
  • 方法:pwにログインした後,ディレクトリ,
    /net/home/y05/j00XX/public_html
    の下に,index.htmlファイルとfun.htmlを作成する.
  • 注意
    • レポートなので,条件を満たしていれば簡素でよい.
    • すでにページを公開していて,ファイル名がダブる人は,ファイル名を変えても良い.
    • 締め切り;8/7
  • 確認用リンク:Links/j05

ファイル転送

rsync

rsync -e ssh [オプション] <ディレクトリ> <サーバー名>:<ディレクトリ>
例:
rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ pw0XX:public_html

オプション:

-a   archive (ファイルについての情報を保つ)
-u   update  (新しければ更新しない)
-v   verbose (-vv より詳細なverbose)
-z   compress with zlib (圧縮して転送)
-b   backup  (古いファイルは ~ の付いた名前になる)
--exclude 指定したファイルを転送しない
-e ssh sshで転送

注意:

  • 上記の例は,~/Sitesディレクトリ下のファイルを,pw0XXの~/public_htmlディレクトリ以下に転送する
    rsync -auvz -e ssh ~/Sites pw0XX:public_html
    とすると,pw0XXの~/public_htmlの下にSitesディレクトリを作ってしまう.
  • すなわち,
    ~/public_html/Sites
    ができる

具体例:ローカルのノートのSitesディレクトリの中のファイルを,pw0XXにネットマウントしてあるnahaのpublic_htmlにコピーする.

rsync -auvz -e ssh ~/Sites/ pw0XX:/net/home/y05/j050XX/public_html 

シェルを使って作業を簡略化しましょう.例えば,webupというような名前で次を作成.

#! /bin/sh
rsync -auvvzb -e ssh --exclude '*~' /Users/j050XX/Sites/ pw0XX:/net/home/y05/j050XX/public_html

もちろん,実行ファイルにモードを変更しておきましょう.

chmod u+x webup



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:26 (2342d)