7月4日


小テスト


NFSマウント

テキスト 上巻p.339 第21章 21.8.2 NFSマウント NFS (Network File System)は,ネットワークでつながった別のコンピュータ上のファイルを,自身のディスクにあるファイルのように扱う仕組みです.

pwにログインし,次のコマンドを打ってみましょう.

% df

次のように表示されるでしょう.

ファイルシステム    サイズ 使用済 使用可 使用率  マウント場所
/dev/hda1              18G   13G  4.5G  75% /
naha:/home            453G  330G  100G  77% /net/home
naha:/open            453G  330G  100G  77% /usr/open

pwは,nahaの/homeと/openを,それぞれ,/net/home,/usr/openとして,マウントしていることがわかります.

ファイル転送:

scp:リモート・マシン間でファイルを安全にコピーする

scp <ファイル名> <アカウント名>@<サーバー名>:<ディレクトリ>
例:
scp test.txt pw0XX:/net/home/y03/j030XX/public_html

sftp:セキュアftp

sftp <サーバー名>

rsync

rsync -e ssh [オプション] <ディレクトリ> <サーバー名>:<ディレクトリ>
例:
rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ pw0XX:public_html

オプション:

-a   archive (ファイルについての情報を保つ)
-u   update  (新しければ更新しない)
-v   verbose (-vv より詳細なverbose)
-z   compress with zlib (圧縮して転送)
-b   backup  (古いファイルは ~ の付いた名前になる)
--exclude 指定したファイルを転送しない
-e ssh sshで転送

注意:

  • 上記の例は,~/Sitesディレクトリ下のファイルを,pw0XXの~/public_htmlディレクトリ以下に転送する
    rsync -auvz -e ssh ~/Sites pw0XX:public_html
    とすると,pw0XXの~/public_htmlの下にSitesディレクトリを作ってしまう.
  • すなわち,
    ~/public_html/Sites
    ができる

具体例:ローカルのノートのSitesディレクトリの中のファイルを,pw0XXにネットマウントしてあるnahaのpublic_htmlにコピーする.

rsync -auvz -e ssh ~/Sites/ pw0XX:/net/home/y03/j030XX/public_html 

シェルを使って作業を簡略化しましょう.例えば,webupというような名前で次を作成.

#! /bin/sh
rsync -auvvzb -e ssh --exclude '*~' /Users/j030XX/Sites/ pw0XX:/net/home/y03/j030XX/public_html

もちろん,実行ファイルにモードを変更しておきましょう.

chmod u+x webup



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:27 (2281d)