ソフトウエア基礎Iシラバス

科目ソフトウェア基礎I区分必修
科目番号情101開設学期1年前期
曜日・時限火曜日・4時限目単位数2単位(2-0)
担当者名山田孝治(教官室:工1-602)メールアドレスkoji@ie.u-ryukyu.ac.jp

授業内容

  • ノート型パソコンと学内LAN を活用して、パソコン、ネットワーク、UNIX を有効利用するための技術を修得させる。コンピュータを有効利用するため のソフトウエアであるオペレーティングシステムについての基礎事項を述べ る。
  • UNIX OS の使い方や UNIX 上のアプリケーションの使用法の修得を中心に 据えるが、授業の目指すところは、情報処理についての既存の専門的技能の 修得だけでなく、技術革新に対応でき、また新規技術の創発が可能な能力の 育成である。そのために、頻繁に小テストと課題提出を課す。

達成目標

  • 日々更新される最新ソフトウェアに対応し,多くのソフトウェアツールと限られた環境の中で最大限の活用を見いだすことができる(柔軟性・実践性)
  • ソフトウェアツールの活用法を熟知し,演習・課題に対し,より有効な新しい取り組みを見いだすことができる(専門性・創造性)

授業計画

授業計画内容
第0回目環境設定
第1回目パソコン端末,UNIXへの接続
第2回目UNIXへの接続
第3回目電子メール,ネットワークニュース
第4回目日本語入力
第5回目ファイル管理
第6回目シェル,フィルタコマンド
第7回目シェルスクリプト
第8回目環境設定
第9回目環境設定
第10回目ネットワークコマンド
第11回目gnuplotによるグラフ作成
第12回目TeXによる文書作成,作表
第13回目TeX文書へのグラフや画像の貼付
第14回目MagicPointによるプレゼンテーション用資料の作成
第15回目期末試験

使用テキスト

  • 新 The UNIX Super Text [上]:山口和紀+古瀬一隆 監修 / B5判 / 896ページ
    • ISBN4-7741-1682-3 / 価格3480円+税

履修条件

  • UNIX環境を有するノートPCを使用する.MacOSX環境+EasyPackage,PC+Cygwinなど.

成績評価方法

  • 期末試験(60%)と小テスト(40%)の合計から、未提出や不出来なレポート(最大40%)と欠席・遅刻状況(最大40%)を減点して評価する。

その他

  • 質問はNetNews (ura.ie.classes.basic-software)、電子メールを利用すること。
  • 講義資料はホームページ:ソフトウェア基礎Iを参照すること


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:26 (2281d)