出席

emacsでの文字化け問題

11.2 I/O リダイレクションとパイプ

  • I/O とは
  • コマンドの実行結果を別のコマンドに処理させたい!
  • 現在実行中のプロセス数は?
  • リダイレクション)ps aux > result ; wc result
  • パイプ)ps aux | wc
  • 標準入力 stdin
  • 標準出力 stdout
  • 標準エラー出力 stderr

11.2.1 リダイレクションとは

  • 標準出力をターミナルからファイルに変更
    ps aux > result
  • 標準入力をターミナルからファイルに変更
    cat < result

11.2.3 パイプ

  • コマンドの実行結果を標準出力から標準入力に変更
    e.g.) ps aux | wc
    「ps aux」による出力を「wc」への入力に変更

11.2.5 I/O リダイレクションとパイプの詳細

「$command > file」
「$command >> file」
「$command >& file」
「( $command > file1 ) >& file2」
「$command1 | $command2」
「$command1 |& $command2」

演習

  • 「ps aux」で全プロセスを出力し,root が実行しているプロセス数を数えよ.リダイレクションを使用する方法と,パイプを使用する方法二通りを考えよ.
    • ヒント1:ps aux による出力結果には,root 以外のユーザによるプロセスも含まれている.この中から root の記載されている行のみを探し出し,その行数を数えると「rootが実行しているプロセス数と考えられる.
    • ヒント2:次の3行が「test.txt」というファイルに書かれているとする.
      abc
      1 2 3
      abc 1 2 3
    • このファイルから「abc」という文字列が含まれている行は
      % grep abc test.txt
      として抜き出すことが出来る.
    • ヒント3:ファイル内の行数を数えるには
      % wc -l test.txt
      とする.

11.3 変数

  • 変数
  • 変数名
  • 変数の値
  • 変数の値を参照
  • 変数に値を代入

11.3.2 シェル変数

  • set
    set test=123
    echo $test
    unset test

11.3.3 環境変数

  • setenv
    setenv test 123
    echo $test
    unsetenv test

11.3.4 シェル変数と環境変数の違い

  • シェル変数はシェル毎に異なるが,環境変数は引き継がれる.
  • シェル変数では変数の値にリストが許される
    echo $path[1]

11.4 メタキャラクタとエスケープ

  • cshが解釈する文字=cshのメタキャラクタ
    >
  • メタキャラクタの機能をオフにする=エスケープ
    ?, '', ""

11.8 エイリアス機能

  • コマンドに別名を付ける
    alias $name $command-line
  • エイリアス設定の表示
    alias
  • エイリアスの削除
    unalias $name
  • シェルスクリプトではできないエイリアスの応用
  • why?) シェルスクリプトでは,新しいシェルを起動してスクリプトを実行する.そのスクリプト内で変更されたシェル変数は,新しいシェルのものであり,元のシェル変数はそのまま保たれているため.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:26 (2281d)