出席,意見,質問

標準的なディレクトリ構成

ディレクトリ構成を調べましょう.(以下はMac OS Xの例)

% cd /
% ls -lF
drwxrwxr-x   485 root  admin     16490 Jul 10 21:49 Applications/
drwxrwxr-x    22 root  admin       748 Oct  6  2003 Applications (Mac OS 9)/
drwx------     6 koji  admin       204 Jan 15  2004 Desktop/
-rw-r--r--     1 root  admin    441344 Jul  6 15:17 Desktop DB
-rw-r--r--     1 root  admin   2786674 Jul  6 15:17 Desktop DF
drwxrwxr-x     2 root  admin        68 Jul 31  2003 Desktop Folder/
drwxrwxr-x    18 root  admin       612 Jun 19 08:50 Developer/
drwxrw-rw-    11 koji  wheel       374 Oct 17  2005 Documents/
drwxrwxr-x    61 root  admin      2074 Jun  7 19:21 Library/
drwxr-xr-x     1 root  wheel       512 Jul 11 09:25 Network/
drwxr-xr-x     4 root  wheel       136 Apr  4 10:12 System/
drwxrwxr-t     8 root  admin       272 Feb 14 08:47 Users/
drwxrwxrwt     4 root  admin       136 Jul 11 09:52 Volumes/
drwxr-xr-x     4 root  admin       136 Dec  6  2005 automount/
drwxr-xr-x    40 root  wheel      1360 Jun 28 06:34 bin/
dr-xr-xr-x     2 root  wheel       512 Jul  5 21:40 dev/
lrwxrwxrwx     1 root  admin        11 Jun 27 09:05 etc@ -> private/etc
lrwxr-xr-x     1 root  admin         9 Jul  5 21:40 mach@ -> /mach.sym
-r--r--r--     1 root  admin    603108 Jul  5 21:40 mach.sym
-rw-r--r--     1 root  wheel   4338660 Jun 23 13:56 mach_kernel
drwxr-xr-x     6 root  wheel       204 Jul  5 21:40 private/
drwxr-xr-x    63 root  wheel      2142 Jun 28 06:34 sbin/
lrwxr-xr-x     1 root  admin        11 Oct  5  2005 tmp@ -> private/tmp
drwxr-xr-x    13 root  wheel       442 May 22 18:10 usr/
lrwxr-xr-x     1 root  admin        11 Oct  5  2005 var@ -> private/var

シグナル

シグナルの種類

% kill -l
HUP INT QUIT ILL TRAP ABRT EMT FPE KILL BUS SEGV SYS PIPE ALRM TERM URG STOP 
TSTP CONT CHLD TTIN TTOU IO XCPU XFSZ VTALRM PROF WINCH INFO USR1 USR2 

シグナルの定義

/usr/include/sys/signal.h
#define SIGHUP  1       /* hangup */
#define SIGINT  2       /* interrupt */
#define SIGQUIT 3       /* quit */
#define SIGILL  4       /* illegal instruction (not reset when caught) */
#define SIGTRAP 5       /* trace trap (not reset when caught) */
#define SIGABRT 6       /* abort() */
#if  defined(_POSIX_C_SOURCE)
#define SIGPOLL 7       /* pollable event ([XSR] generated, not supported) */
#else   /* !_POSIX_C_SOURCE */
#define SIGIOT  SIGABRT /* compatibility */
#define SIGEMT  7       /* EMT instruction */
#endif  /* !_POSIX_C_SOURCE */
#define SIGFPE  8       /* floating point exception */
#define SIGKILL 9       /* kill (cannot be caught or ignored) */
#define SIGBUS  10      /* bus error */
#define SIGSEGV 11      /* segmentation violation */
#define SIGSYS  12      /* bad argument to system call */
#define SIGPIPE 13      /* write on a pipe with no one to read it */
#define SIGALRM 14      /* alarm clock */
#define SIGTERM 15      /* software termination signal from kill */
#define SIGURG  16      /* urgent condition on IO channel */
#define SIGSTOP 17      /* sendable stop signal not from tty */
#define SIGTSTP 18      /* stop signal from tty */
#define SIGCONT 19      /* continue a stopped process */
#define SIGCHLD 20      /* to parent on child stop or exit */
#define SIGTTIN 21      /* to readers pgrp upon background tty read */
#define SIGTTOU 22      /* like TTIN for output if (tp->t_local&LTOSTOP) */
#if  !defined(_POSIX_C_SOURCE)
#define SIGIO   23      /* input/output possible signal */
#endif
#define SIGXCPU 24      /* exceeded CPU time limit */
#define SIGXFSZ 25      /* exceeded file size limit */
#define SIGVTALRM 26    /* virtual time alarm */
#define SIGPROF 27      /* profiling time alarm */
#if  !defined(_POSIX_C_SOURCE)
#define SIGWINCH 28     /* window size changes */
#define SIGINFO 29      /* information request */
#endif
#define SIGUSR1 30      /* user defined signal 1 */
#define SIGUSR2 31      /* user defined signal 2 */

端末キーコンビネーション

  • Ctrl+c プロセスの終了
  • Ctrl+z プロセスの一時停止

ジョブ制御

jobとは,シェル単位でカウントされる一連の仕事をしているプロセスの集合

  • jobs
  • fg
  • bg

プロセス制御

  • topコマンド

第20章 ネットワークの利用

本学科システムの利用法:

リモートにログイン

% ssh e0XXXXX@nirai.ie.u-ryukyu.ac.jp
  • X Windowを用いてアプリケーションウィンドウを,ローカルに出したい場合
    % ssh -X -Y e0XXXXX@nirai.ie.u-ryukyu.ac.jp
    (X11.appのターミナル(kterm,xterm等)からである必要があります.)

ネットワーク越しのファイルのコピー

% scp
% scp <ファイル名> <アカウント名>@<サーバー名>:<ディレクトリ>

例:

% scp test.txt futenma:
% scp test.txt e0XXXXX@futenma.ie.u-ryukyu.ac.jp:
% scp test.txt futenma.ie.u-ryukyu.ac.jp:~/public_html

第28章 WWW (World Wide Web)

ページのアップロードと公開

テキスト 上巻p.536 第28章 28.6.3 インターネットに公開

WWWサーバー

URL (Uniform Resource Locator)

http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp
http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/ie/students/students.html
http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/ie/students/~e09XXXX (e09XXXXのホームページ)
http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~e09XXXX

実機:

futenma.ie.u-ryukyu.ac.jp

サーバー:

apache

サーバーの設定ファイル:

/etc/httpd/conf/httpd.conf

ユーザーディレクトリ:

~/public_html
例:
http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/test.txt
は,ユーザーのホームディレクトリの
~/public_html/test.txtというファイルを参照する

学生のみなさんのユーザーディレクトリは,futenamにログイン後,

% cd public_html

です.


ディレクトリがあるかどうか確認しましょう

  • futenmaにログイン
    % ssh e09XXXX@futenma.ie.u-ryukyu.ac.jp
    
    % ls -ld public_html
    public_htmlがない場合:
    % mkdir public_html

ファイル,ディレクトリのパーミッション:

公開するファイルは,

-rwxr-xr-x ファイル
drwxr-xr-x ディレクトリ

であることが必要.そうでない場合,

chmod 755 <ファイル名>

で,モードの変更が必要.

ファイル転送:

scp <ファイル名> <アカウント名>@<サーバー名>:<ディレクトリ>
scp test.txt futenma.ie.u-ryukyu.ac.jp:~/public_html
sftp <サーバー名>
rsync -e ssh [オプション] <ディレクトリ> <サーバー名>:<ディレクトリ>
rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ futenma:~/public_html

オプション:

-a   archive (ファイルについての情報を保つ)
-u   update  (新しければ更新しない)
-v   verbose (-vv より詳細なverbose)
-z   compress with zlib (圧縮して転送)
-b   backup  (古いファイルは ~ の付いた名前になる)
--exclude 指定したファイルを転送しない
-e ssh sshで転送

注意:

  • 上記の例は,~/Sitesディレクトリ下のファイルを,pw0XXの~/public_htmlディレクトリ以下に転送する
    rsync -auvz -e ssh ~/Sites pw0XX:public_html
    とすると,pw0XXの/~public_htmlの下にSitesディレクトリを作ってしまう.
  • すなわち,
    ~/public_html/Sites
    ができる



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:26 (2286d)