スレッド

  • 『Java言語プログラミングレッスン第3版』(下)オブジェクト指向を始めよう
    • 結城浩 著
    • ソフトバンククリエイティブ(株)刊
    • ISBN978-4-7973-7126-0 2400円(税抜)

スレッドを作る方法

Threadクラスの拡張クラスを作る

  1. Threadクラスの拡張クラスを作る
  2. そのクラスのrunメソッドを宣言する
  3. そのクラスのインスタンスを作る
  4. startメソッドを呼び出す

CountTenA.java

Expand allFold all
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
-
-
|
|
-
|
!
!
-
-
|
!
!
!
public class CountTenA extends Thread {
    public static void main(String[] args) {
        CountTenA ct = new CountTenA();
        ct.start();
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println("main:i = " + i);
        }
    }
    public void run() {
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println("run:i = " + i);
        }
    }
}

Runnableインターフェースを実装したクラスを作る

  1. Runnableインターフェースを実装したクラスを作る
  2. runメソッドを実装する
  3. そのクラスのインスタンスを作り,Threadオブジェクトを生成する
  4. Threadオブジェクトのstartメソッドを呼び出す

CountTenB.java

Expand allFold all
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
-
-
|
|
|
-
|
!
!
-
-
|
!
!
!
public class CountTenB implements Runnable {
    public static void main(String[] args) {
        CountTenB ct = new CountTenB();
        Thread th = new Thread(ct);
        th.start();
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println("main:i = " + i);
        }
    }
    public void run() {
        for (int i = 0; i < 10; i++) {
            System.out.println("run:i = " + i);
        }
    }
}

Threadを作る方法のまとめ

方法A方法B
用途簡単なクラス向け複雑なクラス向け
スーパークラスThreadクラス何でもよい
クラス宣言Threadクラスの拡張Runnableインターフェスの実装
スレッドの起動startメソッドThread経由でstartを起動
実行開始点runメソッドrunメソッド


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-19 (火) 08:56:44 (643d)