LaTeX によるレポート作成

  • 以下は ~/Rep1 に提出物を保存している場合の例です. 修正する場合も同じコマンドで構いませんが,アカウント名を間違えないように注意する事!

事前準備

  • X11.appの存在を確認.なければインストール.
  • EasyPackageのpkg/ptex-euc-pkg, math/gnuplot, graphics/ImageMagick, graphics/gimpをインストール.
  • 各アプリケーションの説明は参考文献・サイトを参照.

LaTeXによるレポート作成

LaTeXとは?

レポートや論文等を綺麗に出力するための文書整形ツール(言語)です. C言語やJavaと同様にLaTeXはコンパイラ言語なので,「作成(プログラミング)→コンパイル→出力確認→適宜修正」といった手順で作成します.

LaTeX を使う利点

Word等のワープロソフトと比較して・・・

  • 無料で使える(最近は NeoOffice 等も出てきましたが.).
  • 比較的容易に綺麗な出力を作り出すことが出来る,
  • 数式に強い.
  • 誰かが作ったテンプレート(xx学会提出用のフォーマット,名詞や履歴書を作るパッケージ等)を利用して格好良いものが簡単に作れる.
  • 数式・図・表の番号割り振りや,目次,参考文献リストとの相互参照や索引などを自動で作成してくれる. 使い慣れたテキストエディタ(MacOSXなら emacs, テキストエディット.app, mi 等)なら何でも使える.
  • テキストエディタで良いので比較的スペックの低い環境でも容易に文書作成できる(動作が軽いので,快適に作業できる).
  • (主観ですが)ワープロソフトにありがちな「勝手なお節介機能」をしないので,いらいらしない.

クイック・スタート!

課題:Level 1

以下の手続きの通り,実際に LaTeX を使って文章を作成しなさい.

(準備)今回の実験用のディレクトリを作成してください(以下はサンプルです.各自で使いやすい用に作成してください).

$ mkdir tex1
$ mkdir tex1/latex
$ cd tex1/latex

(文章作成)以下の文章を e0857xx-1.tex という名前で保存しましょう.各行の意味は下表の通りです.

\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle}
\begin{document}
これはてすとです.
\end{document}

(X11)X11.app を起動し,作成した文書を保存したディレクトリへ移動してください.

X11.appの場所:アプリケーション→ユーティリティ→X11.app (Dockへ登録すると便利でしょう)

(コンパイル)各種の tex コマンド(\documentclass など)を文章に適用した出力を生成します.

> uplatex e0857xx-1.tex

(出力確認)実際の見た目を確認します.

> xdvi e0857xx-1.dvi

(PDF作成)印刷用,配布用に他の人から閲覧可能な一般的な形式(ここではPDF)に変換します.

> dvipdfmx e0857xx-1.dvi
  • 注記1:X11は出力を確認する(xdviを使う)ためだけに使っています. xdvi を使わず,dvipdfmxでPDFを直接作成してから確認する場合には, X11を使わなくても文章を作成することが出来ます(不便ですが).
  • 注記2:上記の例ではコンパイル platex を一度しか実行していませんが, 本来なら複数回実行すべきです.これは,「一度目のコンパイルで文章や 図表を配置し図表番号を確定した後に,二度目のコンパイルで番号を 参照先へ埋め込んだり,目次を作成する」といったプロセスを経るためです. うまく参照できない場合は2回以上コンパイルした後に確認してみてください.
\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle}
\begin{document}
これはてすとです.
\end{document}
1. 用紙設定(A4),文字サイズ(10pt),文書タイプ(jarticle)
2. 文章の始まり
3. 本文
4. 文章の終わり

LaTeX で文書作成する際の決まり事

詳細は LaTeX Tipsの基礎ゼミレジュメや, 文書整形システム LaTeX 入門 を参照すると良いでしょう. 以下は上記資料からの抜粋で,必要最小限を整理したものです.

LaTexコマンド(命令)

LaTeXの命令は原則として「“\”で始まり,半角空白で終わる」.

コメントアウト(メモ等出力させたくない箇所を出力させない)

「半角パーセント“%”から改行までの内容」はコメントアウトされまる.

そのままでは出力されない記号

以下の記号は,そのまま入力しても出力できない特殊文字である. 出力には見えないが「半角空白」も含まれる. ソースファイル等,見た目通り出力させる場合には, 命令ならば「\verb|###|」や バックスラッシュによるエスケープ(\#),, またはverbatim環境(\begin{verbatim} ... \end{verbatim}) を使うことで可能である.

<そのままでは出力されない記号>

 , #, $, %, &, _, {, }, <, >, ?, |, ^, ~

環境と命令

LaTeXでは,文書を論理構造もしくは表現構造に分けて作成します. 分けられた構造と,それをLaTeXで出力するために使用する環境・命令 を対応づけたのが以下の図になります.

structure.png

環境の場合は,以下のように ?begin と ?end で中身を囲う用にして使います.

\begin{環境名}
中身
\end{環境名}

命令の場合は,以下のように々な形式で使われますので,参考文献に挙げているコマンド一覧等を参考に調べて使用してください.

\命令
\命令{引数}
\命令{引数1}{引数2}{引数3}

空白・改行・段落

半角空白文字(半角スペース)は, コマンドの終了文字(制御文字)として利用しているため, 出力上では無視されます. また,改行も単体では無視されてしまいますので, 段落を変える場合には「空行(改行だけの行)」を挿入することになります. 実際に試してみてください.

2.2 良く使われる環境の使い方

良く使われる環境(個条書き・数式・図・表)の使い方についてはここを参考にしてください.

課題:Level 2

このサンプルと同様な出力を得る TeX ファイルを作成せよ. ただし,名前・学籍番号・日付を変更すること. また,提出する際には TeX ファイル本体を指定の場所(下記)に置くこと. ソースファイルはファイル名を「アカウント.tex」(例:e0857XX.tex)とせよ.

参考文献・サイト

レポートの書き方

LaTeX関連

tgif / gnuplot関連

用語

エスケープ,エスケープ処理

  • C言語での「printf("\n");」による改行,
  • シェル(tcsh等)で正規表現を用いて「ls *」で全てのファイルを表示させる場合, など,言語を用いて機械に何らかの指示を行う場合, その指示を効率良く伝えるために制御文字(上記の\や*)を利用します. しかし,ファイル名に?が含まれている場合など,制御文字を「ただの文字(列)」として使用したい事もあります. そのように「次の文字は制御文字ではなくただの文字です」と伝える処理をエスケープと呼びます. このページも参考にどうぞ.

添付ファイル: filestructure.png 370件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-14 (水) 18:01:46 (831d)