プログラミングII シラバス

科目プログラミングII区分必修
科目番号情106開設学期1年次後期
曜日・時限月曜日・3時限目単位数2単位(2-0)
担当者名山田孝治(教官室:工1-602)メールアドレスkoji@ie.u-ryukyu.ac.jp

許可コード:2fcr

授業内容

  • オブジェクト思考プログラミング言語Javaを学ぶ。Javaプログラミングの全過程について解説し、プログラム作成能力を高めるため、問題を解決するための手法(アルゴリズム)をその考え方とともに述べ、問題を解決する力を養う。

達成目標

  • Java言語のデータ構造を理解した上で、課題を論理的な思考によりプログラム化する。(論理性:D)
  • 課題レポートの作成により、文章による表現能力を養う。(コミュニケーション能力: C)
  • 例題から学んだ知識により、実践的なプログラムを作成する。(実践性:F-2)
  • 情報工学の専門的な基礎科目としてのプログラミング技能を習得する。(専門性:H-1)

授業計画

授業計画内容
第0回目環境設定
第1回目Javaプログラミングの基本
第2回目Javaの基礎知識(変数と定数、演算子、型変換、配列、制御文)
第3回目メソッド
第4回目標準入出力と入出力ストリーム
第5回目クラスの機能
第6回目インタフェース
第7回目パッケージ
第8回目スレッド
第9回目例外処理
第10回目ファイル入出力
第11回目アプレットの基本
第12回目イベント処理
第13回目アプレットの応用
第14回目ウィンドウとメニュー、Swing
第15回目デザインパターン

使用テキスト

  • 結城浩 著:改訂第2版Java言語プログラミングレッスン(上)
  • 結城浩 著:改訂第2版Java言語プログラミングレッスン(下)
  • Programming_II/10/Text

履修条件

  • UNIX環境を有するノートPCを使用する.MacOSX環境+EasyPackage,PC+Cygwinなど.
  • 情報工学科システムを使うため、情報工学科学生のみ履修可能である。

成績評価方法

  • Javaの文法を理解している
  • Javaによるプログラミングができる
  • オブジェクト指向プログラミングの概念を理解,活用できる.
  • 以上について,課題(60%)、授業中に開催する小テスト(40%)により総合的に評価する。

その他



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:23 (2286d)