論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費


論文

  1. Koji YAMADA, Hiroshi YOKOI and Yukinori KAKAZU: Approach to Packing Problem by Vibrating Potential Method. C.H.Dagli et.al. eds.: Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, Vol.3. pp.819-824. ASME PRESS (ISBN 0-7918-0038-5), 1993
  2. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動表現に基づく情報処理モデルに関する基礎研究(自律機械群の経路探索問題へのアプローチ),日本機械学会論文集,60巻,580号,C編(1994年12月発行)
  3. Koji YAMADA, Hiroshi YOKOI and Yukinori KAKAZU: Find Path Problem of Autonomous Robots by Vibrating Potential Method. H.Asama et.al. eds. Distributed Autonomous Robotic Systems, pp.303-309. Springer-Verlag (ISBN 4-431-70147-8), 1994
  4. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場により構成された適応分散システムに関する研究ー組み合わせ最適化問題への適用ー,電気学会論文誌C分冊,117巻7号,pp.843-849(1997年7月発行)
  5. Moeko Nerome, Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi : Competitive Co-evolution Model on the Acquisition of Game Strategy, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1285, (Simulated Evolution and Learing) , pp.224-231, Springer-Verlag (ISBN3-540-63399-5)
  6. Kisho Uehara, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Study on Methods for Deciding Behavior of Mobile Robot -Acquisition of Control Rule by Information through Visual Sensor-, Nonliner Analysis, Theory, Methods & Applications, Vol.30, No.5, pp.2981-2988,1997-12, Pergamon ( ISSN 0362-546X)
  7. Koji Yamada, Satoshi Endo : Traffic Signal control with Iterated Prisoner's Dilemma Model, Y.Kakazu et al.(Eds.) , Intelligent Autonomous Systems, pp.609-614,1998-6, IOS Press (ISBN 90 5199 398 6)
  8. Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi: Acquiring Behavioral Rules for Action-Based Robot Environments, Journal of Robotics and Mechatronics Vol.10 No.5, pp.387-393, 1998
  9. Koji Yamada, Endo Satoshi: Acquiring Focal Points for Multi-Agent Agreement by Reinforcement Learning, C.H.Dagli, et.al.eds, Intelligent Engineering Systems though Artificial Neural Networks Vol.9, pp.161-166,1999 ASME PRESS (ISBN 0-7918-0098-9)
  10. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: The Immune Distributed Competitive Problem Solver with MHC and Immune Network, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.10 (editor C.H. Dagli et al.), pp.317-322, ASME PRESS (ISBN 0-7918-0161-6), St. Louis, USA, (5-8 Nov. 2000).
  11. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Analysis of the Behavior of Symbiotic Evolution Algorithm for N-Queens Problem, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.10 (editor C.H. Dagli et al.), pp.251-256, ASME PRESS (ISBN 0-7918-0161-6), St. Louis, USA, (5-8 Nov. 2000).
  12. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:二種類の記憶機構を導入した適応的免疫アルゴリズムの提案と評価,人工知能学会誌,Vol.15, No.6,pp.1097-1106, 2000
  13. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:MMXテクノロジを用いたセルラ・オートマトン・シミュレータの高速化,人工知能学会論文誌,16巻1号I,pp.74-84 (2001)
  14. 根路銘もえ子,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:解のパッケージ化法を導入した競合共進化アルゴリズムの提案, 電気学会論文誌, Vol.121-C, No.3, pp.537-548, 2001.
  15. Yuhei Akamine,Satoshi Endo, Koji Yamada:A Development of an Interpreter for Cellular Automata, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.11 (editor C.H. Dagli et al.), ASME PRESS SERIES (ISBN0-7918-0176-4), pp.411-416,(2001-11), 平成13年11月
  16. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Proposal of an Immune Optimization Inspired by Cell-cooperation Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.11 (editor C.H. Dagli et al.), ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-0176-4), pp.423-428 (2001-11), 平成13年11月
  17. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Symbiotic Model for Solutions and Operators, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.11 (editor C.H. Dagli et al.), ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-0176-4), pp.135-140 (2001-11),平成13年11月
  18. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:セルラ・オートマトン・シミュレータ用インタプリタの開発,人工知能学会誌17巻4号D,pp.380-389,平成14年7月
  19. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi:The Immune Distributed Competitive Problem Solver Using Major Histocompatibility Complex and Immune Network,OPERATIONS RESEARCH / MANAGEMENT SCIENCE AT WORK (editor Erhan Kozan and Azuma Ohuchi), Kluwer's INTERNATIONAL SERIES (ISBN0-7923-7588-2), pp.129-147,(2002-7) 平成14年7月
  20. Yuhei Akamine,Satoshi Endo, Koji Yamada: The Development of a Compiler for the Cellular Automata Simulator Using MMX Technology,Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.12, ASME PRESS SERIES, pp.969-974,(2002-11) 平成14年11月
  21. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: A Proposal and Evaluation of an Extended Immune Optimization Algorithm Using the Immune Co-evolutionary Phenomenon and the Cell-cooperation for the Division-of-labor Problems. Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.12 (editor C.H. Dagli et al.), ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-191-8), pp.173-178,(2002-11) 平成14年11月
  22. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:免疫細胞間協同作用および抗原との共進化現象を用いた免疫的分業問題最適化手法の提案と評価,日本ファジィ学会誌,Vol.14, No.6, pp.616-629(2002),平成14年12月
  23. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada: A proposal and evaluation of a parallelized Immune co-evolution algorithm for division-of-labor problems, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.13, ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-0204-3), pp.355-360, (2003-11) 平成15年11月
  24. Nobuto Iji, Satoshi Endo, Koji Yamada: A study about automatic design of intersection model using cellular automata, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.13, ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-0204-3), pp.397-402, (2003-11) 平成15年11月
  25. Shihoko Kamisato, Satoru Odo, Koji Yamada, Kiyoshi Hoshino: Quantitative Analysis of Relaton between Subjective Impressions and Characteristics of Arm Mortion in Free-Style Dance, Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, vol.13, ASME PRESS SERIES (ISBN 0-7918-0204-3), pp.987-992, (2003-11) 平成15年11月
  26. 遠藤聡志, 山田孝治, 亀島力:セルオートマトンの近傍則獲得に対する進化計算の利用,情報処理学会論文誌:数理モデルと応用,Vol.45, No.SIG 2(TOM 10) pp.110-118, Feb.2004 平成16年
  27. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:拡張SIMD命令を用いたセルオートマトンシミュレータ用並列化コンパイラ:情報処理学会論文誌,Vol. 45, No. 10, pp.2443-2453, 2004
  28. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo, Moeko Nerome :"Application of competitive co-evolution algotithm with direction of evolutional processes to tsume-go game, " INTELLIGENT ENGINEERING SYSTEMS THROUGH ARTIFICIAL NEURAL NETWORKS, Vol, 14 (editor C.H. Dagli et al.). ASME PRESS, pp.229-234, 2004. (ISBN: 0-7918-0228-0)
  29. Shihoko Kamisato, Koji Yamada:"Time series analysis of arm motions cyclic movement in a dance, " Intelligent Engineering Systems through Artificial Neural Networks, Vol. 14 (editor C.H.Dagli et al) , ASME PRESS, pp.843-848,2004. (ISBN: 0-7918-0228-0)
  30. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada: "A Study of a Parallelized Immune Co-evolutionary Algorithm for Division-of-labor Problems", Journal of Artificial Life and Robotics, Volume 9, Number 2, pp.76-80 (2005-05). (ISSN 1433-5298)
  31. Yuhei Akamine, Satoshi Endo, Koji Yamada: "The Development of a Computational Environment for Cellular Automata", IEICE Transactions on Information and Systems(IEICE TRANS, INF. & SYST.), Vol.E88D,No.9, SEPTEMBER p.2105-2112 2005 (ISSN: 0916-8532)
  32. Naoya Futenma, Koji Yamada, Satoshi Endo, Takashi Miyamoto,"Acquisition of Forward Locomotion in Modular Robot", Intelligent Engineering Systems Through Artificial Neural Networks, Volume 15,(ISBN:0-7918-0240-X) p91-95, 2005
  33. Makoto Teruya, Koji Yamada, Satoshi Endo, "Studies on Forward Motion of Five Legged Robot", Intelligent Engineering Systems Through Artificial Neural Networks, Volume 15,(ISBN:0-7918-0240-X), p371-376, 2005
  34. Sunil Pranit Lal, Koji Yamada and Satoshi Endo.,‘Studies on motion control of a modular robot using cellular automata,’ 19th Australian joint conference on Artificial Intelligence, Hobart, Dec 4-8. Lecture Notes in Computer Science , Vol. 4304, (Lecture Notes in Artificial Intelligence, Vol. 4304), p.689-698, Springer-Verlag (ISBN: 978-3-540-49787-5), 2006.12
  35. Lal S. P., Yamada K., and Endo S., 'Evolving Motion Control for a Modular Robot,' In Ellis R., Allen T., Petridis M., (ed) Applications and Innovations in Intelligent Systems XV, Springer-Verlag, London, pp.245-258. ISBN: 978-1-84800-085-8 (2007.11)
  36. Lal, S. P., Yamada, K.: Evolutionary Distributed Control of a Biologically Inspired Modular Robot. In: Iba H., (eds.) Frontiers in Evolutionary Robotics. pp. 543-566. I-Tech Education and Publishing, Vienna, Austria (2008.4) [ISBN: 978-3-902613-19-6]
  37. Lal, S. P., Yamada, K., Endo, S.: Emergent Motion Characteristics of a Modular Robot through Genetic Algorithm. In: Huang, D. S., Wunsch, D. C., Levine, D. S., Jo, K. H., (eds.) Advanced Intelligent Computing Theories and Applications: With Aspects of Artificial Intelligence. Lecture Notes in Artificial Intelligence, vol. 5227, pp. 225-234. Springer, Heidelberg (2008.10) [ISBN: 978-3-540-85983-3]
  38. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo, “Competitive Coevolutionary Algorithm with Electric Charge Model for the Tsumego Game”, Intelligent Engineering Systems Through Artificial Neural Networks, Volume 20,(editor C.H.Dagli et al) ASME PRESS, pp.179-186,2010 (ISBN 978-0-7918-5959-9), (1 Nov 2010)
  39. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo,Probability of Potential Model Pruning in Monte-Carlo Go Procedia Computer Science, vol. 6, (editor Dr. Cihan H. Dagli). ELSEVIER, pp. 237-242, 2011. (ISSN: 1877-0509) (2011/10/31)
  40. Tsuguhisa Touma,Yuuki Nakama,Koji Yamada,Satoshi Endo:"Basic Research on Speed-Up of Reinforcement Learning Using Parallel Processing for Combination Value Function", Procedia Compluter Science Vol.6, Complex Adaptive Systems 2011, pp183-188, , 2011, ELSEVIER (ISSN 1877-0509) (2011/10/31)
  41. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo, Effect of Potential Model on Monte-Carlo Go: Pruning the igo Game Tree Using Potential and Potential Gradient, Advances in Intelligent Systems and Computing 194: Intelligent Autonomous Systems 12, (Sukhan Lee, Hyungsuck Cho, Kwang-Joon Yoon, and Jangmyung Lee (Eds.)), pp.767-774, (2012/12) Springer ISBN 978-3-642-33931-8
  42. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo: Effect of Potential Model Pruning on Different-Sized Boards in Monte-Carlo GO, IJCSNS International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 12, No. 11, pp.17-22, 2012. ISSN:1738-7906
  43. Keisuke Touma, Satoshi Endo, Naruaki Toma, Yuhei Akamine, and Koji Yamada: An Influence of Players Ballot-Weight Changing in Consultation Algorithm, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Vol.17 No.5 pp.707-714. 2013. [ISSN:1343-0130]
  44. Kazuki Yamauchia Naruaki Toma, Yuhei Akamine, Koji Yamada, Satoshi Endo, An Introduction of a Tag Ratio Model and the Classification Examination for Recommender Systems, Procedia Computer Science Volume 22, 2013, pp.606–614, ISSN: 1877-0509
  45. 比嘉聖,神里志穂子,山田孝治,眞喜志隆,佐竹卓彦,山田 親稔:反応角度を自動調節可能なジョイスティック型コントローラの開発,電気学会論文誌D,Vol.136, No.10, pp.703-710 (2016)
  46. 當間愛晃,山田孝治,遠藤聡志,十河卓司, 石田亨:社会課題に取り組むワークショップとその効果――琉球大学・京都大学合同デザインスクールの経験,電子情報通信学会,Vol.102 No.2pp.172-178(Online ISSN:2188-2355, Print ISSN:0913-5693)

論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費

論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費


国際学会

  1. Koji YAMADA, Hiroshi YOKOI and Yukinori KAKAZU: An Approach to the Piano Movers Problem by Vibrating Potential Method, The Proc. of JSME International Conference on Advanced Mechatronics. pp.977-981, 1993-08 (Tokyo)
  2. Hiroshi YOKOI, Koji YAMADA and Yukinori KAKAZU: Autonomous Design of Gear Train by Vibrating Potential Method, The Proc. of JSME International Conference on Advanced Mechatronics. pp.748-753, 1993 (Tokyo)
  3. Koji YAMADA, Hiroshi YOKOI and Yukinori KAKAZU: Terrain Navigation by Vibrating Potential Method. The Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics. Vol.5, pp.218-222, 1993 (LeTouquet,Frace)
  4. Kisho Uehara, Koji Yamada and Hayao Miyagi: Study on Methods for Deciding Behavior of Mobile Robot - Acquisition od Control Rule by Information through Visual Sensor- The second world congress of Nonlinear Analyssts -96 july 10-17, 1996 (Athens, Greece)
  5. Koji Yamada, Hiroshi Yokoi and Yukinori Kakazu, :"Adaptive Distributed System of Artificial Cells Using Vibrating Potential Method - An application to nTSP" -: Adaptive Distributed Parallel Computing, August 8-9, 1996.(Ohaio, America)
  6. Moeko Nerome, Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi : Competitive Co-evolution Model on the Acquisition of Game Strategy, SEAL'96 in Taejon, Korea, SEAL'96 Proceedings, pp.357-364(Nov. 9-12, 1996).
  7. Moeko Nerome, Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi : Competitive Co-evolution Based Game-Strategy Acquisition with Strategy Packaging, Proc. of ITC-CSCC'97, pp.471-474. Okinawa, Japan (July 14-16, 1997).
  8. Yasufumi Nishihara, Koji Yamada, Satoshi Endo: Traffic Light Control Problem with Iterated Prisoner's Dilemma, Proc. of ITC-CSCC'97, pp.451-454. Okinawa, Japan (July 14-16, 1997).
  9. Tadashi Tamashiro, Satoshi Endo, Koji Yamada : Acquisition of cooperative behaviors using Q-learning in multi-agent environment, Proc. of ITC-CSCC'97, pp.315-318. Okinawa, Japan (July 14-16, 1997).
  10. Satoru Yonaha, Satoshi Endo and Koji Yamada : Action Selection for Soccer Players in Multi-agent Environment, Proc. of ITC-CSCC'97, pp.1073-1076. Okinawa, Japan (July 14-16, 1997).
  11. Moeko Nerome, Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi : Competitive Co-evolution Based Game-Strategy Acquisition with Packaging Strategies Method, SMC'97 Conference Proceedings Vol.5, pp.4418-4423, Orlando, Florida, USA (Oct. 12-15, 1997).
  12. Satoshi Endo, Koji Yamada, Azuma Ohuchi, Masaomi Oda : Face Image Retrieval Method using Extended C4.5,IEEE SMC'97 Conference Proceedings Vol.3, pp.2989-2994, Orlando, Florida, USA (Oct. 12-15, 1997).
  13. Moeko Nerome, Koji Yamada, Satoshi Endo, Hayao Miyagi : Competitive Co-evolution Based Game-Strategy Acquisition with the Packaging, Proc. of IEEE Second Int. Conf. on KES, pp.184-189, Adelaide, Australia (Apr. 21-23, 1998)
  14. Satoshi Endo, Naruaki Toma, Koji Yamada: Immune algorithm for n-TSP, IEEE SMC'98 Conference Proceedings, pp.3844-3849 , SanDiego, California, USA (Oct.11-14, 1998)
  15. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada: Immune algorithm with immune network and Major Histocompatibility Complex, Proc. of the 4th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 4th'99), Vol.2, pp.391-394, Beppu, Oita, JAPAN (Jan.19-22, 1999)
  16. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada: Application of Competitive Co-evolution Algorithm to Iterated Prisoner's Dilemma, Proc. of the 4th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 4th'99), Vol.2, pp.395-398, Beppu, Oita, JAPAN ( Jan.19-22, 1999)
  17. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi, Azuma Ohuchi: Competitive Co-evolution Algorithm for the Iterated Prisoner's Dilemma, Proceedings of the 15th National Conference of the Australian Society for Operations Research, Volume2, pp.940-952, (ASOR15 The Fifteenth National Conference of The Australian Society for Operations Research) Gold Coast, Australia (Jul. 4-7, 1999)
  18. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada: Immune algorithm with Immune Network and MHC for adaptive problem solving, IEEE SMC'99 Conference Proceedings, VI-271-276, Tokyo, JAPAN (Oct. 12-15, 1999)
  19. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Relationships between Two Populations for Coevolutionary Algorithm, Proceedings of the 2nd Joint International Workshop Between ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Society for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp.18-25, Sapporo, JAPAN (26-28 June 2000).
  20. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: The Immune Distributed Competitive Problem Solver Using MHC and Immune Network, Proceedings of ASOR2000 (ORSJ Hokkaido Chapter and ASOR Queensland Branch THE 2ND JOINT INTERNATIONAL WORKSHOP), pp.82-89, 2000.
  21. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Evolutionary Optimization Algorithm using MHC and Immune Network, SEAL sessino in IECON-2000. CD-ROM, pp.2849-2854, 2000.
  22. Yuhei Akamine, Satoshi Endo, Koji Yamada: An accelerated CA simulator using MMX technology,CA2000 International Workshop on Cellular Automata Sixth IFIP WG1.5 Meeting,(2000.8)
  23. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada and Hayao Miyagi:Evolutionary Optimization Algorithm using MHC and Immune Network, SEAL2000(The Third Asia-Pacific Conference on Simulated Evolution And Learning. SEAL sessino in IECON-2000, CD-ROM, pp.2849-2854, Nagoya, Japan, October 24-27, 2000.
  24. Moeko Nerome, Satoshi Endo, Koji Yamada, Hayao Miyagi: Symbiosis Between Solutions and Operators: IC-AI2001, Proceedings of the 2001 International Conference on Artificial Intelligence(IC-AI2001), pp.940-952 (June 2001)
  25. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada and Hayao Miyagi: A proposal of an immune optimization for division-of-labor problems using immune cell-cooperation and tolerance, ASOR2001, Proceedings of ASOR2001, 16th National Conference, (CD-ROM), McLarens on the Lake Resort, Australia, September 23-26, 2001
  26. Koji Yamada, Satoshi Endo: Reinforcement Learning of Focal Points for Multi-Agent Agreement, Proceedings of The 16th National Conference, Proceedings of The Australian Society for Operations Research (CD-ROM) McLarens on the Lake Resort, Australia, September 23-26, 2001
  27. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada and Hayao Miyagi: An Immune Optimization Inspired by Biological Immune Cell-cooperation for Division-and-labor Problem, ICCIMA2001, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications, pp.153-157, Yokosuka, Japan, October 30 - November 1, 2001.
  28. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada and Hayao Miyagi: An Immune Optimization using Biological Immune Co-evolutionary Phenomenon and Cell-cooperation for Division-and-labor Problem, Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems and Allied Technologies, KES 2002, Volume 82 Frontiers in Artificial Intelligence and Applications (Edited by: E. Damiani , L.C. Jain and R.J. Howlet), pp.718-722, Podere d'Ombriano, Crema, Italy, September 16-18, 2002.
  29. Naruaki Toma, Satoshi Endo, Koji Yamada : An Immune Co-evolutionary Algorithm for N-th Agent's Traveling Salesman Problem,Proceedings 2003 IEEE International Symposium on Computational Intelligence in Robotics and Automation (CIRA2003), IEEE Catalog Number: 03EX694C, ISBN: 0-7803-7867-9, pp.1503-1508, July 16-20, 2003
  30. Yuhei Akamine, Satoshi Endo, Koji Yamada: The Development of a Compiler for Cellular Automata Simulator, Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Systems Man and Cybernetics (ISBN 0-7803-7953-5), pp.3887-3892, 2003.10
  31. Naruaki TOMA, Satoshi ENDO and Koji YAMADA: A Study of a Parallelized Immune Co-evolutionary Algorithm for Division-of-labor Problems, Proceedings of The Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics. pp.67-70, Beppu, Oita, Japan, January 28-30, 2004.
  32. Satoru ODO, Kiyoshi HOSHINO and Koji YAMADA: Tracking and Recognition of Moving Objects i a Monocular Image Sequence Based on Visual Characteristics, Proceedings of The Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics. pp.79-82, Beppu, Oita, Japan, January 28-30, 2004.
  33. Shihoko KAMISATO, Satoru ODO, Koji YAMADA, Shiro TAMAKI and Kiyoshi HOSHINO: Quantitative analysis of relationship between leg movements and subjective impressions in CG animation,Proceedings of The Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics. pp.83-86, Beppu, Oita, Japan, January 28-30, 2004.
  34. Lal S. P., Yamada K., and Endo S., (2006) ‘On adaptive direction in competitive co-evolutionary process: Agent-based co-evolutionary job Scheduling,’ In Proceedings of Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium in Advanced Intelligent Systems, (SCIS&ISIS 2006) Tokyo, pp. 2175-2180. (Awarded best session presentation award)
  35. Lal, S. P., Yamada, K., Endo, S.: Enhanced Differential Evolution Algorithm for Dynamic Vector Space. In: Proceedings of the 2010 International Conference on Genetic and Evolutionary Methods, pp. 59-64. Las Vegas (2010)
  36. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo, “Competitive Coevolutionary Algorithm with Potential Model for the Tsumego Game”,Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2010), SA-C3-1, 11 Dec 2010
  37. Makoto Oshima, Koji Yamada, Satoshi Endo, A potential model pruning in Monte-Carlo go, Proceeedings of the 17th International Symosium on Artificial Life and Robotics 2012 (AROB 17th '12 ), GS7-1, Oita, Japan, pp.722-725, ISBN978-4-9902880-6-8 (2012/01)

論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費

論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費


一般講演

  1. 山田孝治,嘉数侑昇:IACモデルに関する基礎研究ー構造の動作特性に関する考察,情報処理学会第41回全国大会,Vol.2, pp97-98(1990年9月)
  2. 山田孝治,嘉数侑昇:IACモデルに関する基礎研究ー構成要素の動作特性に関する考察,平成2年度電気関係学会北海道支部連合大会,pp.308-309(1990年10月)
  3. 山田孝治,嘉数侑昇:特定スペクトルに指向性を持つユニット群の情報処理に関する基礎研究,1991年度精密工学会秋季大会,pp.165-166(1991年10月)
  4. 山田孝治,嘉数侑昇:特定スペクトルに指向性を持つユニット群の情報処理に関する基礎研究ーユニット群によるネットワークの性質,平成3年度電気関係学会北海道支部連合大会,pp.377(1991年10月)
  5. 山田孝治,嘉数侑昇:特定スペクトルに指向性を持つユニット群の情報処理に関する基礎研究ーPDPネットワークの局所学習へのアプローチ,情報処理学会第43回全国大会,Vol.2, pp.217-218(1991年10月)
  6. 山田孝治,嘉数侑昇:波動場による記憶モデル構築に関する基礎研究,情報処理学会第44回全国大会,Vol.2, pp.203-204(1992年3月)
  7. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場における知識表現と想起システムに関する基礎研究,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'92,pp.7-10(1992年6月)
  8. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場における離散化記憶項目の想起,1992年電子情報通信学会秋季大会,Vol.6, pp.93(1992年9月)
  9. 横井浩史,嘉数侑昇,山田孝治:波動場に於ける自律機械群に関する基礎研究(動力伝達機構設計へのアプローチ),日本機械学会第70期全国大会,Vol.E, pp.544-546(1992年9月)
  10. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:離散記憶項目の構造形成ー波動場モデルによるアプローチー,情報処理学会第45回全国大会,Vol.2, pp.61-62(1992年10月)
  11. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動を媒体とする記憶メカニズムに関する研究,第17回知能システムシンポジウム,pp.99-102(1993年3月)
  12. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:移動機械の行動記録に関する研究,情報処理学会第46回全国大会,Vol.2, pp.11-12(1993年3月)
  13. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:波動場における自律機械群に関する基礎研究ー群問題向き目的関数の設定ー,第70期日本機械学会通常総会講演会,pp.531-533(1993年3月)
  14. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場における箱詰め問題(形状表現と詰めの評価法),日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'93,pp.1084-1085(1993年)
  15. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:生命体モデル構築に関する基礎研究ー幾何拘束条件下における群の挙動表現ー,日本機械学会第3回インテリジェントシステムシンポジウム,pp.375-380(1993年9月)
  16. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場モデルによる自律機械群の経路探索,日本機械学会第3回インテリジェントシステムシンポジウム,pp.381-384(1993年9月)
  17. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場表現に基づく空間配置問題へのアプローチ,第71期日本機械学会通常総会講演会,Vol.I, pp.135-136(1994年3月)
  18. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:波動場における自律機械群に関する基礎研究(組み合わせ最適化問題への応用),日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'94,pp.1236-1241(1994年6月)
  19. 羽倉淳,横井浩史,嘉数侑昇,山田孝治:多重波動場に基づく経路探索,,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'94,pp.805-808(1994年6月)
  20. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:波動場を用いた組み合わせ最適化問題へのアプローチ,計測自動制御学会,SICE'94,pp.15-18(1994年7月)
  21. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動表現に基づく問題解決に関する基礎研究ー問題空間記述へのアプローチ,第72期日本機械学会通常総会講演会,pp.571-572(1994年8月)
  22. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:生命体モデル構築に関する基礎研究(組み合わせ最適化問題環境への適応モデル),日本機械学会第72期全国大会,Vol.V, pp.86-88(1994年8月)
  23. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動場情報交換に基づく人工生命,計測自動制御学会 第5回ロボティクス・自動化システム,第4回ニューラルネットワークシンポジウム,pp.61-62(1994年9月)
  24. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動情報に基づく情報処理に関する基礎研究ー多重波動場に基づくピアノ搬送問題ー,計測自動制御学会 合同シンポジウム,pp.503-506(1994年10月)
  25. 横井浩史,山田孝治,嘉数侑昇:波動場を用いた自律的情報処理(組み合わせ最適化問題へのアプローチ),日本機械学会第4回インテリジェントシステムシンポジウム,pp.417-422(1994年10月)
  26. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:振動ポテンシャル法に基づくロボット経路計画,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'95,pp.1341-1342(1995年6月)
  27. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:VPMにおける構成エージェントの獲得に関する研究,第11回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,pp.457-458(1995年7月)
  28. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:波動表現に基づく情報処理モデルに関する基礎研究(n-TSPへのアプローチ),日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'96,pp925-926(1996年6月)
  29. 根路銘もえ子,山田孝治,遠藤聡志,宮城隼夫:ゲーム戦略の獲得における競合共進化モデル,第35回SICE学術講演会,pp.891-892(1996年7月)
  30. 上原企勝,山田孝治,宮城隼夫:視覚情報に基づく移動ロボットの行動決定法,第35回SICE学術講演会,pp.195-196(1996年7月)
  31. 根路銘もえ子,山田孝治,遠藤聡志,宮城隼夫:ゲーム戦略の獲得における競合共進化モデル ー単純ゲームにおける一考察ー,電気関連学会・九州支部第49回連合大会,pp.821(1996年10月)
  32. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:場の相互作用を用いた生物モデルによる問題解決(n-TSPの場合),第14回日本ロボット学会学術講演会予稿集No.3,pp.1187-1189(1996年11月)
  33. 山田孝治,横井浩史,嘉数侑昇:場の相互作用を用いたアメーバモデルに関する基礎研究,第74期日本機械学会通常総会講演会,pp380-381(1997年3月)
  34. 遠藤 聡志,高良 義伸,山田 孝治,大内 東,尾田 政臣:帰納学習システムC4.5を用いた線画顔画像検索に関する考察,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(3),pp202-203(1997年9月)
  35. 當間 愛晃,遠藤 聡志,山田 孝治:免疫アルゴリズムのnTSPへの適用,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(2),pp453-454(1997年9月)
  36. 根路銘 もえ子,山田 孝治,遠藤 聡志,宮城 隼夫:戦略パッケージ法を用いた競合共進化によるゲーム戦略の獲得,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(2),pp414-415(1997年9月)
  37. 玉城 斉,遠藤 聡志,山田 孝治:強化学習を用いたマルチエージェントシステムにおける協調行動獲得,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(2),pp412-413(1997年9月)
  38. 山内 法,山田 孝治,遠藤 聡志,宮城 隼夫:フォーカルポイントに基づくマルチエージェントの協調行動に関する基礎研究,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(2),pp430-431(1997年9月)
  39. 与那覇 賢,遠藤 聡志,山田 孝治:行動選択ネットワークを用いたマルチエージェント系における協調行動の獲得に関する考察,情報処理学会第55回全国大会講演論文集(2),pp422-423(1997年9月)
  40. 津嘉山 至, 山田 孝治, 遠藤 聡志:定住型囚人のジレンマを用いた交通制御問題に関する基礎研究,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  41. 高良 義伸, 遠藤 聡志, 山田 孝治:従属度を用いた事例提示による帰納的顔画像検索法,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  42. 當間 愛晃, 遠藤 聡志, 山田 孝治:免疫アルゴリズムを用いたnTSPの解法に関する検討,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  43. 根路銘 もえ子, 山田 孝治, 遠藤 聡志, 宮城 隼夫:戦略パッケージ法を用いた競合共進化によるゲーム戦略の獲得,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  44. 玉城 斉, 遠藤 聡志, 山田孝治:強化学習を用いたエージェントの役割学習,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  45. 山内 法, 山田 孝治, 遠藤 聡志, 宮城 隼夫:複数自律エージェントの情報共有に基づく協調行動についての基礎研究,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  46. 与那覇 賢, 遠藤 聡志, 山田 孝治:ニューラルネットワークを用いたエージェントの行動選択学習,電気関係学会九州支部第50回記念連合大会, (1997年10月4日)
  47. 山田孝治,遠藤聡志:IPDモデルに基づく自律分散システムに関する基礎研究,SICE 第7回インテリジェントシステムシンポジウム,FANシンポシンポジウム'97,pp.399-402(1997年11月22日,札幌)
  48. 遠藤聡志,當間愛晃,山田孝治:免疫アルゴリズムのnTSPに関する考察,SICE 第7回インテリジェントシステムシンポジウム,FANシンポシンポジウム'97,pp.505-508(1997年11月22日,札幌)
  49. 高良義伸,遠藤聡志,山田孝治,大内東,尾田正臣:属性の多値化による線画顔画像検索システムの拡張,情報処理学会第56回全国大会講演論文集(2),pp.147-148(1998年3月)
  50. 當間愛晃,遠藤聡志, 山田孝治:記憶機構を活用した免疫アルゴリズムによるnTSPの解法に関する検討,情報処理学会第56回全国大会講演論文集(2),pp.331-332(1998年3月)
  51. 根路銘もえ子,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:戦略パッケージ法を用いた競合共進化による適応型戦略の獲得,情報処理学会第56回全国大会講演論文集(2),pp.326-327(1998年3月)
  52. 高良義伸,遠藤聡志,山田孝治, 大内 東,尾田政臣:感性情報を入力とする線画顔画像検索システム,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.1-6(1998年6月18-19日)
  53. 玉城 斉,遠藤聡志,山田 孝治:ニューラルネットワークを用いた動的配置問題の解法に関する検討,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.37-42(1998年6月18-19日)
  54. 山城 寛隆,山田孝治,遠藤 聡志:ポテンシャル場を用いた動的環境でのマルチエージェントシステムの実現,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.43-48(1998年6月18-19日)
  55. 當間 愛晃,遠藤 聡志,山田 孝治:免疫システムに基づく組合せ最適化アルゴリズムの検討,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.49-54(1998年6月18-19日)
  56. 平良 龍,山田孝治,遠藤 聡志:進化的プログラミングに基づく戦略獲得法,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.55-60(1998年6月18-19日)
  57. 与那覇 賢,遠藤聡志,山田孝治:マルチエージェント環境におけるフォーカルポイントアルゴリズムによる合意形成,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.61-66(1998年6月18-19日)
  58. 前堂 卓也,山田孝治,遠藤聡志:マルチエージェントシステムに関する基礎研究 -交通信号制御へのアプローチ-,映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会,映像情報メディア学会技術報告(映像学技報 VOL.22, NO.33, ISSN 1342-6893),pp.67-72(1998年6月18-19日)
  59. 玉城 斉,遠藤聡志,山田孝治:相互結合型ニューラルネットワークによる動的位置決定法に関する考察,第16回日本ロボット学会学術講演会,pp.345-346,(1998年9月18〜20日,札幌市)
  60. 与那覇 賢,遠藤聡志,山田孝治:マルチエージェント環境におけるフォーカルポイントに基づく協調,第16回日本ロボット学会学術講演会,pp.343-344,(1998年9月18〜20日,札幌市)
  61. 根路銘 もえ子,遠藤聡志,山田孝治,宮城 隼夫:繰り返し囚人のジレンマゲームにおける共進化戦略に関する一考察,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.386-387(1998年10月5-7日,名古屋大学)
  62. 玉城 斉,遠藤聡志,山田孝治:動的位置決定法に対する相互結合型ニューラルネットワークの適用,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.394-395(1998年10月5-7日,名古屋大学)
  63. 山城 寛隆,山田孝治,遠藤聡志:ポテンシャル表現されたマルチエージェント環境における組合せ問題への一考察,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.398-399 (1998年10月5-7日,名古屋大学)
  64. 与那覇 賢,遠藤聡志,山田孝治:フォーカルポイントに基づいたマルチエージェント環境における協調の実現,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.396-397(1998年10月5-7日,名古屋大学)
  65. 高良 義伸,遠藤聡志,山田孝治:帰納推論による感性情報を用いた画像検索,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.439-440(1998年10月5-7日,名古屋大学)
  66. 當間 愛晃,遠藤聡志,山田孝治:免疫ネットワークを用いた分業巡回セールスマン問題の解法に関する考察,情報処理学会第57回全国大会講演論文集(分冊2),pp.335-336(1998年10月5-7日,名古屋大学)
  67. 根路銘 もえ子,遠藤聡志,山田孝治,宮城 隼夫:繰り返し囚人のジレンマゲームにおける競合共進化モデル,第8回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,pp.269-272(1998年10月29-30日,福岡県パピヨン24会議室)
  68. 山城 寛隆,山田孝治,遠藤聡志:組合せ問題に対するマルチエージェントアプローチ -ポテンシャル構成法の検討-,第8回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,pp.349-352(1998年10月29-30日,福岡県パピヨン24会議室)
  69. 高良 義伸,遠藤聡志,山田孝治:帰納推論法を用いた感性情報による画像検索,第8回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,pp.91-96(1998年10月29-30日,福岡県パピヨン24会議室)
  70. 當間 愛晃,遠藤聡志,山田孝治:免疫ネットワークを用いた分業巡回セールスマン問題の解法に関する検討,第8回インテリジェントシステムシンポジウム講演論文集,pp.353-358(1998年10月29-30日,福岡県パピヨン24会議室)
  71. 平良 龍,山田孝治,遠藤聡志:区分化ハイパーサイクルに基づく記憶機構に関する基礎研究,第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集,pp.379-380(1998年12月12-13日,琉球大学)
  72. 前堂 卓也,山田孝治,遠藤聡志:免疫ネットワークによる自律移動ロボットの行動制御に関する基礎研究,第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集,pp.393-394(1998年12月12-13日,琉球大学)
  73. 國吉 明人,山田孝治,遠藤聡志:移動ロボットの内部学習に関する基礎研究,第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集,pp.395-396(1998年12月12-13日,琉球大学)
  74. 土原 陸男,遠藤聡志,山田孝治:バーコード入力を用いたWeb接続におけるインタフェイス試作,第17回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集,pp.201-202(1998年12月12-13日,琉球大学)
  75. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治:免疫ネットワークを用いた免疫アルゴリズムに関する考察,平成10年度電気学会・電子情報通信学会合同講演会,講演論文集pp.97-102(1998年12月16日,琉球大学)
  76. 亀島力,遠藤聡志,山田孝治:強化学習を用いた共同注視点に基づく合意形成の獲得,電子情報通信学会・信学技報 Vol.99, No.131, pp.29-35 (NC 電子情報通信学会・ニューロコンピューティング研究会 ), (1999.6.18)
  77. 遠藤聡志,山田孝治,与那覇賢:マルチエージェントにおける共同注視点に基づく合意形成,1999年度人工知能学会全国大会論文集,pp.284-287
  78. 玉城 清政,山田 孝治,遠藤 聡志:マルチエージェント系における競合共進化型学習の性能評価に関する研究,信学技法 Vol.99 No.131 pp.37-41 (NC 電子情報通信学会・ニューロコンピューティング研究会 ), (1999.6.18)
  79. 根路銘 もえ子,遠藤 聡志,山田 孝治,宮城 隼夫:繰り返し囚人のジレンマゲームにおける競合共進化戦略の解析に関する考察,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.99 No.416, pp.65-70 エッカホテル,沖縄 (1999.9.9)
  80. 遠藤聡志,當間愛晃,山田孝治:適応的免疫アルゴリズムの多峰性関数への適用, FAN, 第9回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集 pp.608-611, フェニックスプラザ,福井 (1999)
  81. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝司:MMXテクノロジを用いたCAの高速化手法の提案,第12回自律分散システム・シンポジウム資料,pp.55-58, (2000.1.21-22)
  82. 亀島力,遠藤聡志,山田孝治:進化型セルオートマトン:ルール自動設計システムに関する考察, 第12回自律分散システム・シンポジウム資料, 417-422, (2000.1.21-22)
  83. 玉城 清政,山田 孝治,遠藤 聡志,藤井 智史:自律分散手法を用いた海洋レーダーにおけるドップラースペクトルのピーク検出に関する基礎研究, 第12回自律分散システム・シンポジウム資料, p351-354, (2000.1.21-22)
  84. 遠藤聡志,山田孝治:マルチエージェント系におけるフォーカルポイントに基づく合意形成,信学技報,CST99-11,pp.1-7
  85. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治:免疫ネットワークに基づく適応的最適化アルゴリズムの構築,情報処理学会第59回全国大会講演会.講演論文集(2),pp95-96, 岩手県立大学, (1999)
  86. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治:適応的免疫アルゴリズムを用いた多峰性関数最適化 コンカレント工学研究会2000年1月.電子情報通信学会技術研究報告,信学技報,Vol.99 No.539, pp.71-76, 沖縄エッカホテル (2000)
  87. 亀島力 遠藤聡志 山田孝治:進化計算を用いたCAルール自動設計に関する研究,2000年度人工知能学会全国大会(第14回)論文集, pp.75-76 (2000年7月4-7日)
  88. 赤嶺有平 遠藤聡志 山田孝治:MMXテクノロジを用いた高速CAシミュレータの開発,2000年度人工知能学会全国大会(第14回)論文集, pp.462-463 (2000年7月4-7日)
  89. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:免疫的問題空間の分割・統合に基づく最適化システムの提案, 第10回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, ,pp.463-466, 2000.
  90. 根路銘もえ子, 遠藤聡志, 山田孝治, 宮城隼夫, 共生共進化アルゴリズム の性能解析に関する考察, 第10回インテリジェント・システム・シンポジウム 講演論文集,pp.469-472 (Oct. 2000)
  91. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:インタプリタ型セルオートマトン・シミュレータの開発,第11回インテリジェントシステムシンポジウム, pp.285-288, 大阪(2001.9)
  92. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:セルオートマトン・シミュレータ用インタプリタに関する検討,セルオートマトン・シンポジウム,横浜国立大学 (2001.11)
  93. 當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治,宮城隼夫:免疫細胞間協同作用に基づくマルチエージェントの分業最適化に関する考察,ヒューマン情報処理;電子情報通信学会技術研究報告 信学技法 Vol.101 No.594, pp.19-24,琉大,2002.1
  94. 赤嶺 有平,遠藤 聡志,山田孝治:MMXテクノロジによる高速化手法を用いたセルオートマトン・シミュレータ用コンパイラの開発,日本オペレーションズ・リサーチ学会 平成14年度秋季研究発表会,はこだて未来大学,(2002.9)
  95. 赤嶺 有平,遠藤 聡志,山田孝治:MMXテクノロジを用いたセルオートマトン・シミュレータ用並列化コンパイラの開発, 情報科学技術フォーラム講演論文集 FIT2002, pp.105-106(2002.9.25-28
  96. 伊地信人,遠藤聡志,山田孝治,赤嶺有平:セルオートマトンによる交差点モデルの自動設計に関する検討,第12回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集,pp.335-338,アバンセ(佐賀県立女性センター・佐 賀県立障害学習センター),2002年11月21〜22日
  97. 又吉時成,山田孝治,遠藤聡志:軟体動物の移動様式へのマルチエージェントアプローチ,第3回SICEシステムインテグレーション部門講演会(SI2002),講演論文集(I),pp.365-366,神戸市産業振興センター,2002年12月19-21日
  98. 遠藤聡志,山田孝治,亀島力,セルオートマトンの近傍則に対する進化計 算の利用,MPSシンポジウム,ISPJ Symposium Series Vol.2003,No.2, pp.17-26 (2003)
  99. 又吉時成,山田孝治,遠藤聡志:冗長多脚ロボットの制御システム,ロボティクス・メカトロニクス講演会'03(RONOMEC'03),講演論文集,(2003)
  100. 宮本 隆司,山田孝治,遠藤聡志:冗長性ロボットにおける歩容に関する基礎研究,第13回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集,pp.96-97,公立はこだて未来大学(北海道・函館市),2003年12月6〜7日
  101. 長嶺誠,山田孝治,遠藤聡志:均質モジュールで構成された冗長多脚ロボットのクモヒトデ様運動モデル,第13回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集,pp.98-99,公立はこだて未来大学(北海道・函館市),2003年12月6〜7日
  102. 花木善六,赤嶺有平,當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治:バス・ナビゲーションシステムのための基礎研究,第13回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集,pp.14-15,公立はこだて未来大学(北海道・函館市),2003年12月6〜7日
  103. 赤嶺有平,當間愛晃,遠藤聡志,山田孝治,白土浩:テキスト・ナビゲータの提案,第13回FANインテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集,pp.128-129,公立はこだて未来大学(北海道・函館市),2003年12月6〜7日
  104. 神里志穂子,山田孝治,玉城史朗,:"舞踊動作を用いた上肢運動特性の解析と感性要素の抽出," 第9回ロボティクスシンポジア予稿集,pp.50-55,2003.
  105. 大島真,山田孝治,遠藤聡志,根路銘もえ子:競合共進化アルゴリズムを用いた詰碁戦略獲得,人工知能学会全国大会(第18回)論文集,演題番号:1H3-05, 2004
  106. 神里志穂子,山田孝治,玉城史朗:舞踊動作における感性情報と上肢運動の解析,人工知能学会全国大会(第18回)論文集,3D3−03, 2004
  107. 花木善六,當間愛晃,赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:”ポテンシャル法を用いたデマンドバス経路探索に関する基礎研究”,第14回FANインテリジェ ント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.167-168(2004年10月9−10日).
  108. 當間愛晃,花木善六,赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:”デマンドバス導入に関する技術サーベイ”,第1回おきなわ観光情報学研究会ミニシンポジウ ム,2004年10月4日.
  109. 神里志穂子,山田孝治:印象差のある舞踊上肢運動の多変量時系列解析による特徴抽出,第10回ロボティクスシンポジア予稿集,pp.507-512,2004.
  110. Sunil Lal・照屋允・山田孝治・神里志穂子・遠藤聡志・當間愛晃:フィジー諸島における観光情報の取り組みと観光案内国際化のための提案,観光情報学会第2回全国大会予稿集(一般講演18),沖縄, Vol.2,P.13 (2005/05/16)
  111. 普天間直弥・山田孝治・遠藤聡志・宮本隆司:モジュール型ロボットにおける前進移動の獲得, ROBOMEC2005, 1P1-S-064(講演概要集p90) (2005/06/10)
  112. 照屋允・山田孝治・遠藤聡志:五脚歩行ロボットにおける前進歩容に関する研究, ROBOMEC2005, 2P1-S-065(講演概要集p220) (2005/06/11)
  113. Lal S. P., Uehara S., Futenma N., Yamada K., and Endo S.,‘Studies on Athletic ability of modular robot,’ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集, No. 06-4, 2A1-E15
  114. 上原真也,スニル ラル,山田孝治,遠藤聡志,照屋允:五脚歩行ロボットにおけるGAを用いた前進歩容の検討,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006講演論文集,No. 06-4, 2A1-C35.
  115. 仲村幹子・遠藤聡志・山田孝治・當間愛晃・赤嶺有平・稲奏江:渋滞緩和を想定した車車間通信による交通情報共有に関する研究,第16回FANシンポジウム,No.06-30(講演論文集pp.167-170)(2006/09/27)
  116. 稲嶺盛亮・遠藤聡志・山田孝治・當間愛晃・赤嶺有平:GISデータを活用したポテンシャル法によるデマンドバス経路探索,第16回FANシンポジウム,No.06-30(講演論文集pp.125-128)(2006/09/26)
  117. 神里志穂子, 山田孝治:主観的な印象によって抽出されるダンス動作の特徴解析, SICE SI部門講演会, 3O4-3, 2006. SY0013/06 p.1374-1375
  118. 上原 真也,Sunil Pranit Lal,山田 孝治,遠藤 聡志:セルオートマトンによるモジュールロボットの動作獲得,SICE SI部門講演会,1N3-3 (3C1-6) , 2006. SY0013/06 p.1006-1007
  119. 仲間祐貴,スニル・ラル, 山田孝治, 遠藤聡志:“単振動によるモジュール型ロボットの制御”, 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2007), pp.849-850
  120. 神里志穂子,野口健太郎,比嘉信,山田孝治:注視点計測による舞踏動作の感性情報抽出, 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2007), pp.851-852
  121. 仲間祐貴, ラル スニル プラニット, 山田孝治, 遠藤聡志 “ニューラルネットワークを用いたモジュール型ロボットの制御”, ROBOMEC2008, 長野, 2008-6-5
  122. 神里志穂子, 山田孝治:注視情報を考慮した舞踊動作学習の特徴抽出, 人工知能学会 全国大会(第22回),ときわ市民ホール/勤労者福祉総合センター(旭川市) 2008-6-12
  123. Lal, S. P., Yamada, K., Endo, S.: A novel approach towards controlling modular robotic systems. In: Proceedings of the 18th Intelligent System Symposium (FAN), pp. 431-436. Hiroshima (2008-10-24)
  124. 仲間 祐貴 スニル ラル プラニット 山田孝治 遠藤聡志, "Q-Learning を用いたロボットの移動学習 ", 第27回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会, 5A-14 沖縄,2008
  125. Lal, S. P., Yamada, K., Endo, S.: Modeling and Simulation of Motion Control for Modular Robots. In: Proceedings of the 9th SICE conference on System Integration, pp. 673-674. Gifu (2008-12-6)
  126. 上江洲朝哉,山田孝治,遠藤聡志, Web テキストからの情報文化の収集方法及び解析方法の基礎研究,ロボティクス・メカトロニクス講演会'09(ROBOMEC2009)論文集, p98 1P1-F09, May 25. 2009
  127. 島袋拓也,山田孝治,遠藤聡志, 駐車場内における車両の挙動シミュレーションに関する基礎研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会'09(ROBOMEC2009)論文集, p93 1P1-E11, May 25. 2009
  128. 金城佑典,山田孝治,遠藤聡志, 上半身姿勢の特徴同定に関する基礎研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会'09(ROBOMEC2009)論文集, p32 1A1-K04, May 25. 2009
  129. 仲間祐貴,山田孝治,遠藤聡志, 強化学習の並列化を用いたモジュール型ロボットの制御,第19回インテリジェントシステムシンポジウム FAN2009論文集 p138 E5-3, Sep 18. 2009
  130. 金城佑典,山田孝治,遠藤聡志, 図案式簡易モーションキャプチャを用いた人間の上半身姿勢の取得に関する基礎研究, 第19回インテリジェントシステムシンポジウム FAN2009論文集 p139 E6-1, Sep.18. 2009
  131. 大島真, 山田孝治, 遠藤聡志, “電荷モデルを利用した競合共進化アルゴリズムによる詰碁の解獲得”, 2010 年度人工知能学会全国大会(第24 回)(JSAI2010), 2D4-3, (2010/6/10)
  132. 仲間祐貴 當眞嗣久 山田孝治 遠藤聡志:"並列処理を用いた価値関数合成による強化学習の効率化",ロボティクス・メカトロニクス講演会'10(ROBOMEC2010)論文集, p224 2P1-G12, (2010/6/16)
  133. 兼城正樹 山田孝治 遠藤聡志:"モバイル端末を用いたロボットインターフェース",ロボティクス・メカトロニクス講演会'10(ROBOMEC2010)論文集, p199 2P1-C05,(2010/6/10)
  134. 与儀涼子 當間愛晃 赤嶺有平 山田孝治 遠藤聡志:"Twitter上で行われる議論要約のための、文脈を表現する指標構築のための検討", 第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010), E-024, (2010/9/8)
  135. 下地竜雄馬 當間愛晃 赤嶺有平 山田孝治 遠藤聡志:"一般物体認識におけるクラス内変化を考慮した認識手法に関する基礎研究", 第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010), H-046, (2010/9/9)
  136. 大島真, 山田孝治, 遠藤聡志, “電荷モデルを利用した競合共進化アルゴリズムによる詰碁の解獲得”, 第9 回情報科学技術フォーラム(FIT2010), A-002, (2010/9/7)
  137. 上江洲朝哉, 山田孝治, 遠藤聡志:"ウェブ検索を利用した関連後抽出に関する基礎研究", 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム,S7-1-3,(2010/09/26)
  138. 島袋拓也, 山田孝治, 遠藤聡志:"RSSによる参照関係から成る2ちゃんねるブログネットワークの情報伝搬性に関する研究", 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム,S7-1-4,(2010/09/26)
  139. 金城佑典, 山田孝治, 遠藤聡志:"任意のロボットモデルに対する人らしい見た目のモーション作成方法の検討", 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム,S8-5-4,(2010/09/26)
  140. 吉田耕陽,遠藤聡志,當間愛晃,赤嶺有平,山田孝治:"タグを用いた嗜好抽出による観光イベント推薦システム", 第80回「数理モデル化と問題解決」研究会(MPS80),B2-3,(2010/09/28)
  141. 大島真, 山田孝治, 遠藤聡志, “モンテカルロ碁におけるポテンシャルモデルの適用”, 情報処理学会第73 回全国大会(IPSJ2011), 3C-1, (2011/3/3)
  142. 當眞嗣久 仲間祐貴 山田孝治 遠藤聡志:"並列処理を用いた価値関数合成による強化学習の効率化に関する基礎研究", 第11回計測自動制御学会 制御部門大会, 166-1-1,(2011/03/16)
  143. 大島真,山田孝治,遠藤聡志:モンテカルロ碁におけるポテンシャルモデルの適用, 情報処理学会第73 回全国大会(IPSJ2011), 3C-1, 東京 (2011年3月)
  144. 大島 真,山田 孝治,遠藤 聡志,"ポテンシャルモデルを用いた均衡表現による囲碁の解法",複雑系科学と応用哲学の最前線.「複雑系科学と応用哲学」沖縄研究会,沖縄(2011/08/29-31)
  145. 大島真,山田孝治,遠藤聡志, モンテカルロ碁におけるポテンシャルモデルを利用した枝刈りの可能性, 第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011), 5A-1, 北海道 (2011/09/09)
  146. 照屋唯智郎,兼城正樹,山田孝治,遠藤聡志,當間愛晃,赤嶺有平:"モバイル端末を用いたロボットの学習教示インターフェース作成に関する基礎研究",第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011),F-033,(2011/09/07)
  147. 兼城正樹,山田孝治,遠藤聡志:"モバイル端末を用いたロボットへの学習教示について",第21回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2011),1C2-3,(2011/09/01)
  148. 大島真,山田孝治,遠藤聡志, 囲碁におけるポテンシャル領域探索の適用, 第16回ゲーム・プログラミング ワークショップ 2011, IPSJ Symposium Series Vol. 2011, No. 6, pp. 84-87, (ISSN 1344-0640) (2011年11月)
  149. 比嘉盛尚,山田孝治,神里志穂子,遠藤聡志:"キャプチャ舞踏動作からの遺伝的アルゴリズムを用いた動作獲得に関する基礎研究",第12回計 測自動制御学会システム インテグレーション部門 講演会(SI2011),1F2-4,(2011/12/23)
  150. 黒瀬 剛,山田孝治,遠藤聡志:マルチエージェントの架橋行動にフェロモンコミュニケーション獲得に関する基礎研究,第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),1B1-2, (2012.08.30) 沖縄県浦添市てだこホール
  151. 照屋 唯智郎,山田孝治,遠藤聡志:モバイル端末を用いたロボットの学習教示インターフェース作成に関する基礎研究,第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012), 1C2-4, (2012.08.30) 沖縄県浦添市てだこホール
  152. 比嘉 盛尚,山田孝治,遠藤聡志:音声データからの学習に基づくリズム認識に関する基礎研究,第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2B2-8,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  153. 徳盛太一朗, 遠藤聡志, 赤嶺有平, 當間愛晃, 山田孝治:対象物体のエッジ及び頂点情報を用いたカメラ位置姿勢推定手法の提案.第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2B1-1,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  154. 伊佐元希, 遠藤聡志, 赤嶺有平, 當間愛晃, 山田孝治:エッジ方向を考慮した折り紙追跡プログラムの実装第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2B1-4,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  155. 名嘉真之介,當間愛晃, 赤嶺有平, 山田孝治, 遠藤聡志:学習指導要領に基づいた設問自動分類タスクにおける設問外の情報付与による有効性評価.第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2C3-1,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  156. 山内一騎,當間愛晃, 赤嶺有平, 山田孝治, 遠藤聡志:タグランクを導入した情報推薦システムの検討.第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2C3-4,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  157. 堀川敦弘, 當間愛晃, 赤嶺有平, 山田孝治, 遠藤聡志:Twitter からの談話自動同定法の一検討.第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2C3-5,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  158. 當間 啓介, 遠藤聡志, 當間愛晃, 赤嶺有平, 山田孝治:プレーヤ重み変更の合議アルゴリズムに対する影響.第22回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2012),2C3-5,(2012.08.31) 沖縄県浦添市てだこホール
  159. 黒瀬 剛,山田孝治,遠藤聡志:ANNコントローラーを用いたマルチエージェントの架橋行動獲得に関する基礎研究, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回) (JSAI2013) 4F1-1, (2013.6.7) 富山国際会議場
  160. 黒瀬 剛,山田孝治,遠藤聡志:ANNコントローラーを用いたマルチエージェントの架橋行動獲得に関する基礎検討,第23回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2013),ST-13-049, ,(2013.9.26)九州大学医学部 百年講堂
  161. 高良修平,山田孝治,遠藤聡志,神里志穂子,宮平順子:簡易な視野把握サポートシステムの開発,第23回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2013), ST-13-079, (2013.9.26)九州大学医学部 百年講堂
  162. 神里志穂子, 高良修平, 山田孝治, 佐竹卓彦, 眞喜志隆, ``視野アセスメントツールと擬似体験ソフトの開発,'' 第29回リハ工カンファレンス,261SE6,2014.
  163. 池原 洋,高良修平,神里 志穂子,佐竹卓彦,山田孝治,”マルチプラットフォームに対応した視野疑似体験システムの評価”,信学技報 vol. 114, no. 357, WIT2014-61, pp. 87-90, 2014年12月, 2014.
  164. 稲福政樹,西島本純,山田孝治,遠藤聡志,“赤外線WEBカメラを用いた視線追 跡装置の基礎研究”,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2014(ROBOMECH'14),No.14-2,2A2-B05.
  165. 稲福政樹,西島本純,山田孝治,遠藤聡志,“視線追跡装置による入力操作の研究”,第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN 2014),FAN-14-039
  166. 山田義貴,山田孝治,遠藤聡志,“フーリガンによる暴動行為シミュレーショ ンの基礎研究”,第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN 2014),FAN-14-037
  167. 高良修平,山田孝治,遠藤聡志,神里志穂子,“測定時の顔の向きを考慮した視野把握サポートシステムの検討”,第24回インテリジェント・システム・シ ンポジウム(FAN 2014),FAN-14-008
  168. 村岡克弥,山田孝治,遠藤聡志,“マルチコプターの操作に関する基礎研究”,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2015(ROBOMECH'15),No.15-2,2A1-G09.
  169. 比嘉妃菜子,山田孝治,遠藤聡志,“ヘッドマウントディスプレイを用いた歩行リハビリテーションシステムの基礎研究”,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2015(ROBOMECH'15),No.15-2,1P2-L05.
  170. 伊集竜之,遠藤聡志,山田孝治,當間愛晃,赤嶺有平, 投稿時間のクラスター分析によるTwitterユーザの年齢層推定, 2015年度人工知能学会全国大会, 1M4-5, 2015.5.30
  171. 西銘大喜,遠藤聡志,當間愛晃,山田孝治,赤嶺有平, ディープニューラルネットワークによる画像からの表情表現の学習 2015年度人工知能学会全国大会, 3L4-3, 2015.5.30
  172. 山田義貴,山田孝治,遠藤聡志, フーリガン集団による暴力行為シミュレーションの基礎研究, 2015年度人工知能学会全国大会,1N4-1, 2015.5.30
  173. 神里志穂子,高良修平, 山田孝治:視野アセスメントツール及び疑似体験システムの評価", 第10回生活生命支援医療福祉工学系連合大会 (LIFE2015), GS3-2-3, (2015)
  174. 稲福政樹, 山田孝治, 遠藤聡志, "視線追跡デバイスによるロボットの操作検証", 第 16 回システムインテグレーション部門講演会 (SI 2015), SY0011/15/0000-0003, (2015.12.14),名古屋国際会議場
  175. 比嘉聖,山田孝治,神里志穂子,眞喜志隆,佐竹卓彦:電動車いす走行における注視行動の分析,ROBOMECH2016,1P1-12b4,(2016),

論文|国際学会|一般講演|ショートノート|紀要|科学研究費

その他

  1. 山城正紀,遠藤聡志,山田孝治,大内 東,尾田正臣:拡張C4.5システムによる顔画像検索法,電子情報通信学会論文誌,D-II Vol.J80,D-II No.8.pp.2248-2250(1997年8月)
  2. 赤嶺有平, 遠藤聡志, 山田孝治:MMXテクノロジを用いたセルオートマト ン・シミュレータ用並列化コンパイラの開発,情報技術レターズ,Vol.1,電子情報通信学会,pp.105-106,2002
  3. 赤嶺有平,遠藤聡志,山田孝治:グラフィック・アクセラレータによるマルチエージェント・シミュレータの実装,FIT2004第3回情報科学技術フォーラム情報技術レターズ,2004年9月
#include(): Limit exceeded: 紀要
#include(): Limit exceeded: 科学研究費

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:23 (2286d)