autotoolsのインストール

以下のautotools関連を最新にする必要があります

  • Autoconf 2.63
    cd $HOME/build
    rm -rf autoconf-2.63
    curl http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.63.tar.gz | tar zxf -
    cd autoconf-2.63
    ./configure
    make
    sudo make install
  • Automake 1.10.2
    cd $HOME/build
    rm -rf automake-1.10.2
    curl http://ftp.gnu.org/gnu/automake/automake-1.10.2.tar.gz | tar zxf -
    cd automake-1.10.2
    ./configure 
    make
    sudo make install
  • libtool 1.5.26
    cd $HOME/build
    rm -rf libtool-1.5.26
    curl http://ftp.gnu.org/gnu/libtool/libtool-1.5.26.tar.gz | tar zxf -
    cd libtool-1.5.26
    ./configure
    make 
    sudo make install

SpringyStepのインストール

  • SpringyStepは,ODEを同梱していません.最新版をダウンロードしてインストールする必要があります.
  • ターミナルでの作業になります.
    $ unzip SpringyStep2008.zip
    $ cd SpringyStep

ODEのコンパイル

  • ODEは,オープンソースの動力学計算エンジンです.(www.ode.org)
    • http://www.ode.org/download.htmlよりダウンロードしてください.
      Version-numbered source releasesというリンクから.
    • 最新バージョン:0.11 (09-1-30現在,ファイル名:ode-0.11.tar.gz)
    • 展開して出来たディレクトリode-0.11をSpringyStepの中のディレクトリodeとして置く.
      $ tar zxvf ode-0.11.tar.gz
      $ mv ode-0.11 ./SpringyStep/ode
  • まずODEをコンパイルするための設定(MacOSXの場合です.)
$ cd ./SpringyStep/ode
$ sh autogen.sh
$ ./configure --enable-double-precision --enable-release --without-x
  • コンパイルします.(SpringyStep/odeにて)
    $ make
  • コンパイルが失敗する場合,~SpringyStep/ode/ode/src/.depというディレクトリを削除し、autogen.shからやり直してみてください.(上里 盛真君の指摘)
  • できたライブラリをlibディレクトリにコピーします.(SpringyStep/ode/libがない場合libディレクトリをつくる)
    $ mkdir lib
    $ cp drawstuff/src/.libs/*.a lib/
    $ cp ode/src/.libs/*.a lib/
    コピー後,以下のようなディレクトリ構成になります.
    SpringyStep - ode --- ode - src
                       |- drawstuff - src
                       |- lib --- libOPCODE.a
                               |- libdrawstuff.a
                               |- libfast.a
                               |- libode.a

SpringyStepのコンパイル

$ cd .. 

SpringStepのディレクトリへもどる

$ make

makeが成功すれば実行ファイル ss.exeができているはず.

$ ./ss.exe onespring.model

使い方:

$ ./ss.exe [モデルファイル]

起動後の操作:

Simulation test environment v0.02
  Ctrl-P : pause / unpause (or say `-pause' on command line).
  Ctrl-O : single step when paused.
  Ctrl-T : toggle textures (or say `-notex' on command line).
  Ctrl-S : toggle shadows (or say `-noshadow' on command line).
  Ctrl-V : print current viewpoint coordinates (x,y,z,h,p,r).
  Ctrl-W : write frames to ppm files: frame/frameNNN.ppm
  Ctrl-X : exit.
Change the camera position by clicking + dragging in the window.
  Left button - pan and tilt.
  Right button (or Ctrl + button) - forward and sideways.
  Left + Right button (or middle button, or Alt + button) - sideways and up.
  • モデルファイルの定義は,こちら SpringyStep

他のOSでのコンパイルのための設定

Linux

 ~/SpringyStep/ode/config/user-settings

を編集

PLATFORM=unix-gcc

/SpringyStep/Makefile の

PLATFORM=linux

Cygwin

 ~/SpringyStep/ode/config/user-settings

を編集

PLATFORM=cygwin

/SpringyStep/Makefile の

PLATFORM= cygwin

SpringyStep


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-20 (木) 14:45:24 (2279d)