#navi(ソフトウェア演習I/14)
#contents

//*moodle 
//-https://tarkus.eva.ie.u-ryukyu.ac.jp/moo/
*TeX [#k17ced98]
-Text 下巻50章 P.131
--奥村先生の[[TeX Wiki:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/]]の入門
**定義 [#abc3a4ad]
:TeXとは| Donald Ervin Knuth が 作った組版システムです.
::TeXの読み方|「テフ」「テック」
:LaTeXとは|Leslie Lamportが,TeXに論文やレポートの作成マクロパッケージを組み込んだ組版システム
::LaTeXの読み方|「ラテフ」「ラテック」
:pTeX, pLaTeX|日本ではアスキーが日本語化した pTeX,pLaTeX が使われます.アスキーでは,これに基づく編集支援システム EWB を (ソースコードの形で)無償配布し,自社の本の製作に利用しています.
**設定 [#d8200fa9]
-epkgより,ptetexをインストール.
-また最新版では nkf を用いた文字コード変換を利用しているため
環境変数として以下のような設定が必要になります.

 PTEX_IN_FILTER=/usr/local/bin/nkf

-sh系(bash,zsh)
 export PTEX_IN_FILTER=/usr/local/bin/nkf

-csh系(csh,tcsh)
 setenv PTEX_IN_FILTER /usr/local/bin/nkf
--関連:[[MacOSX/tcsh]]
**イントロ [#g20ba2e3]
***基本的な手順 [#m3022cdd]
+texソースファイルを作成.
+texソースファイルをコンパイル→DVIファイルが作成される
+DVIファイルをPDFに変換する.
***具体例 [#jf876ea0]
sample.tex
#code(tex){{
\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle}
\title{タイトル}
\author{著者名}
\date{日付}
\begin{document}
\maketitle
ここに本文を記述します.
\end{document}
}}

 % platex sample.tex
 % dvipdfmx sample.dvi
sample.pdfを開いて確認
 % open sample.pdf
***数式 [#l15af5ea]
sample2.tex

 \documentclass{jarticle}
 \usepackage{amsmath,amssymb}
 \title{タイトル}
 \author{著者名}
 \date{日付}
 \begin{document}
 \maketitle
 
 \[
  \frac{\pi}{2} =
   \left( \int_{0}^{\infty} \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =
   \sum_{k=0}^{\infty} \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} =
   \prod_{k=1}^{\infty} \frac{4k^2}{4k^2 - 1}
 \]
 
 \end{document}


*LaTeX によるレポート作成 [#a71c50a1]
(テキスト:下巻第50章文章整形システムLaTeX pp.131)
-[[LaTeX によるレポート作成]]


**サンプル [#f1edd761]
sample3.tex
#code(TeX){{
\documentclass[a4paper,14pt]{jarticle}
\begin{document}
\title{タイトル}
\author{著者名}
\date{\today}
\maketitle
\begin{abstract}
ここに概要を書きます.
\end{abstract}

ここに本文をかきます.
\end{document}
}}

-概要
 \begin{abstract}
 ここに概要を書きます。
 \end{abstract}

-章立て
 \section{はじめに}
 \subsection{琉球大学}
 \subsection{工学部}
 \subsubsection{情報工学科}
 \section{沖縄県}
 \subsection{中頭郡}

-itemize環境
 \begin{itemize}
  \item あれ
  \item これ
  \item それ
 \end{itemize}

-enumerate環境
 \begin{enumerate}
  \item あれ
  \item これ
  \item それ
 \end{enumerate}

-description環境
 \begin{description}
  \item[あれ] あれれれ
  \item[これ] これれれ
  \item[それ] それれれ
 \end{description}


-フォントサイズ
 {\tiny より小さい文字}
 {\small 小さい文字}
 {\large 大きい文字}
 {\Large 大きい文字}
 {\LARGE より大きい文字}
 {\huge 特大文字}
 {\Huge 特大文字}

-フォントファミリー
 {\mcfamily  明朝体}
 {\gtfamily ゴシック体}
 {\rmfamily ローマン体}
 {\sffamily サンセリフ体}
 {\ttfamily タイプライタ体}
**数式 [#f19d57ea]

 文章中の式は,
 \(
 10 \times 5 \div 2 = 25
 \)
 となります

 \begin{eqnarray}
 数式 \\
 数式 \\
 10 \times 5 \div 2 = 25
 \end{eqnarray}
*文字コードをutf-8, 改行コードをLFに上書きする [#rddcca3a]
 $ nkf -wLu --overwrite *.tex

-[[文字コード変換]]
*Texにおける画像の挿入 [#ha7f8b11]
プリアンプルに1行
 \usepackage[dvipdfm]{graphicx}

ターミナルで
 $ ebb filename.jpg

画像挿入場所で,
 \includegraphics{filename}




*参考 [#gbe66b71]
(テキスト:下巻第50章文章整形システムLaTeX pp.131)
-[[LaTeX によるレポート作成]]
-[[TeX/LaTeX入門(WIKIBOOKS)>http://goo.gl/cc79]]


#navi(ソフトウェア演習I/14)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS