#navi(ソフトウェア基礎I/04)
*NFSマウント [#d8d76603]
テキスト 上巻p.339 第21章 21.8.2 NFSマウント
NFS (Network File System)は,ネットワークでつながった別のコンピュータ上のファイルを,自身のディスクにあるファイルのように扱う仕組みです.

pwにログインし,次のコマンドを打ってみましょう.
 % df
次のように表示されるでしょう.
 ファイルシステム    サイズ 使用済 使用可 使用率  マウント場所
 /dev/hda1              18G   13G  4.5G  75% /
 naha:/home            453G  330G  100G  77% /net/home
 naha:/open            453G  330G  100G  77% /usr/open

pwは,nahaの/homeと/openを,それぞれ,/net/home,/usr/openとして,マウントしていることがわかります.

----
*HTML [#p3766bfb]
テキスト 上巻p.525 第28章 28.6 HTMLによるWWWページ作成
----
 % cd Sites
 % emacs -nw index2.html
上記で編集したファイルは,
 http://localhost/~j040XX/index2.html
でブラウザで見ることができます.
----
**HTMLの文書の構造 [#h99c3aa1]
 <HTML>
  <HEAD>
   <TITLE>
    ページウィンドウタイトル
   </TITLE>
  </HEAD>
 
  <BODY>
   ページ本文
  </BODY>
 </HTML>
-[[サンプルページ:http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/html.html]]
-ヘッダには,METAタグを用いて,文字コードなどを追加定義します.
~日本語を使う場合,HTML文書の文字コードが,~
シフトJISなら,
 <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
EUCなら,
 <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
JISなら,
 <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-2022-JP">
を入れておきましょう.
-''注意'':もちろん,METAタグで指定した文字コードと実際のHTML文書の文字コードが違っていれば,ブラウザは文字化けします.
-情報工学科のpwでは,[[YaTeX:http://www.yatex.org/]]やyahtmlがインストールされているため,htmlファイルを編集する際,yahtmlモードになります.このとき自動的にJISコードになるようになっています.
~編集中の文章がEUCの場合,emacsのモードラインの表示は,
 -かんな-EEE:-
編集中の文章がJISの場合,
 -かんな-EEJ:-
になります.文字コードにあったMETAタグでの設定が必要です.
-一般に,どのブラウザでも誤判読しにくいISO-2022-JP(JISコード)が勧められているようです.


テンプレート:
 <HTML>
  <HEAD>
   <META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=ISO-2022-JP">
   <TITLE>
    ページウィンドウタイトル
   </TITLE>
  </HEAD>
 
  <BODY>
   ページ本文
  </BODY>
 </HTML>

----
**見出し(Heading):<H1> ~ </H1> [#y1f7b7eb]
 <H1>見出し1</H1>
 <H2>見出し2</H2>
 <H3>見出し3</H3>
 <H4>見出し4</H4>
 <H5>見出し5</H5>
 <H6>見出し6</H6>
-[[サンプルページ:http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/heading.html]]

**段落(パラグラフ):<P> ~ </P> [#p3757188]
**リスト(箇条書き) [#n3908f6a]
-UL (Unorderd List):番号なしリスト
 <UL>
 <LI>リスト1
 <LI>リスト2
 <LI> リスト3
 </UL>
-OL (Orderd List):番号付きリスト
 <OL>
 <LI>リスト1
 <LI>リスト2
 <LI> リスト3
 </OL>
-DL (Definition List):定義リスト
 <DL>
 <DT>リスト1
 <DD>答え1
 <DT>リスト2
 <DD>答え2
 <DT> リスト3
 <DD>答え3
 </DL>

階層を作れる:
 <UL>
 <LI>リスト1
 <LI>リスト2
  <UL>
  <LI>リストA
  <LI>リストB
  <LI>リストC
  </UL>
 <LI> リスト3
 </UL>

 <OL>
 <LI>リスト1
 <LI>リスト2
 <OL>
  <LI>リストA
  <LI>リストB
  <LI> リストC
 </OL>
 <LI> リスト3
 </OL>


-[[サンプルページ:http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/list.html]]

**ハイパーリンク:<A HREF="~~~">リンク名</A> [#qe5dc10f]
 例:
 <A HREF="http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp">琉球大学情報工学科</A>
-[[サンプルページ:http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/link.html]]
**イメージ(画像):<IMG SRC="picture.jpg"  ALT="画像名"> [#b3c826a2]
**整形済みテキスト:<PRE> ~ </PRE> [#r3c067db]
空白,タブ,改行を有効にする.コンピュータ出力や,プログラミングソースをそのまま表示する場合に使う.

**表 [#q7601baf]
*受講者リンク [#p531f4ad]
-[[Links/j04]]
*参考となるページ [#a5ce1a0e]
-[[とほほのWWW入門:http://tohoho.wakusei.ne.jp/www.htm]]
*7/23課題(7/24出題) [#r5729864]
-つぎのようなURLでアクセスできるホームページを作成しなさい.
 http://bw-www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~j040XX
-箇条書き,画像データを使い,趣味を紹介するページfun.htmlをつくりなさい.但し,最初のページからリンク差照れ居ること.

--方法:pwにログインした後,ディレクトリ,
 /usr/home/y04/j040XX/public_html
 /net/home/y04/j040XX/public_html
の下に,index.htmlファイルとfun.htmlを作成する.
-注意
--レポートなので,条件を満たしていれば簡素でよい.
--すでにページを公開していて,ファイル名がダブル人は,ファイル名を変えても良い.
締め切り;7/29
-確認用リンク:[[Links/j04]]
*ファイル転送 [#n16753f2]
**rsync [#h74f4d5b]
 rsync -e ssh [オプション] <ディレクトリ> <サーバー名>:<ディレクトリ>
 例:
 rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ pw0XX:public_html
オプション:
 -a   archive (ファイルについての情報を保つ)
 -u   update  (新しければ更新しない)
 -v   verbose (-vv より詳細なverbose)
 -z   compress with zlib (圧縮して転送)
 -b   backup  (古いファイルは ~ の付いた名前になる)
 --exclude 指定したファイルを転送しない
 -e ssh sshで転送

注意:
-上記の例は,~/Sitesディレクトリ下のファイルを,pw0XXの~/public_htmlディレクトリ以下に転送する
 rsync -auvz -e ssh ~/Sites pw0XX:public_html
とすると,pw0XXの~/public_htmlの下にSitesディレクトリを作ってしまう.
-すなわち,
 ~/public_html/Sites
ができる

具体例:ローカルのノートのSitesディレクトリの中のファイルを,pw0XXにネットマウントしてあるnahaのpublic_htmlにコピーする.
 rsync -auvz -e ssh ~/Sites/ pw0XX:/net/home/y04/j040XX/public_html 

シェルを使って作業を簡略化しましょう.例えば,webupというような名前で次を作成.
 #! /bin/sh
 rsync -auvvzb -e ssh --exclude '*~' /Users/j040XX/Sites/ pw0XX:/net/home/y04/j040XX/public_html
もちろん,実行ファイルにモードを変更しておきましょう.
 chmod u+x webup

----
#navi(ソフトウェア基礎I/04)


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS