#navi(ソフトウェア基礎I/11)
#contents

*第20章 ネットワークの利用 [#y0067509]
**本学科システムの利用法: [#v7b93379]
-http://ie.u-ryukyu.ac.jp/?p=3973
-http://ie.u-ryukyu.ac.jp/学科内向け情報/howto/howto-2/web-2/
-http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/howto/
**リモートにログイン [#a2a76c1f]
 % ssh e1XXXXX@shell.ie.u-ryukyu.ac.jp

-X Windowを用いてアプリケーションウィンドウを,ローカルに出したい場合
 % ssh -X -Y e1XXXXX@shell.ie.u-ryukyu.ac.jp
 (X11.appのターミナル(kterm,xterm等)からである必要があります.)
**ネットワーク越しのファイルのコピー [#cbac6aa2]
 % scp
 % scp <ファイル名> <アカウント名>@<サーバー名>:<ディレクトリ>
例:
 % scp test.html shell:
 % scp test.html e11XXXX@shell.ie.u-ryukyu.ac.jp:
 % scp test.html shell.ie.u-ryukyu.ac.jp:~/public_html
*第28章 WWW (World Wide Web) [#af552a18]
**WWW [#b0b2dce4]
-[[ソフトウェア基礎I/10/WWW]]
**ページのアップロードと公開 [#ga948ed4]
テキスト 上巻p.536 第28章 28.6.3 インターネットに公開
***WWWサーバー [#j742c077]
***URL (Uniform Resource Locator) [#jf9cee95]
 http://ie.u-ryukyu.ac.jp
 http://ie.u-ryukyu.ac.jp/ie/students/students.html
 http://ie.u-ryukyu.ac.jp/ie/students/~e11XXXX (e10XXXXのホームページ)
 http://ie.u-ryukyu.ac.jp/~e11XXXX
実機:  
 yomitan.ie.u-ryukyu.ac.jp
サーバー:
 apache
サーバーの設定ファイル:
 /etc/httpd/conf/httpd.conf

ユーザーディレクトリ:
 ~/public_html
 例:
 http://ie.u-ryukyu.ac.jp/~koji/test.txt
 は,ユーザーのホームディレクトリの
 ~/public_html/test.txtというファイルを参照する


学生のみなさんのユーザーディレクトリは,futenamにログイン後,
 % cd public_html
です.
----
ディレクトリがあるかどうか確認しましょう
-yomitanにログイン
 % ssh e1057XX@yomitan.ie.u-ryukyu.ac.jp
 
 % ls -ld public_html
 public_htmlがない場合:
 % mkdir public_html
***ファイル,ディレクトリのパーミッション: [#u87cd9f1]
公開するファイルは,
 -rwxr-xr-x ファイル
 drwxr-xr-x ディレクトリ
であることが必要.そうでない場合,
 chmod 755 <ファイル名>
で,モードの変更が必要.

***ファイル転送: [#b7e0b95a]
 scp <ファイル名> <アカウント名>@<サーバー名>:<ディレクトリ>
 scp test.txt shell.ie.u-ryukyu.ac.jp:~/public_html

 sftp <サーバー名>

 rsync -e ssh [オプション] <ディレクトリ> <サーバー名>:<ディレクトリ>
 rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ shell:~/public_html
 rsync -auvz -e ssh --exclude '*~' ~/Sites/ shell.ie.u-ryukyu.ac.jp:~/public_html
オプション:
 -a   archive (ファイルについての情報を保つ)
 -u   update  (新しければ更新しない)
 -v   verbose (-vv より詳細なverbose)
 -z   compress with zlib (圧縮して転送)
 -b   backup  (古いファイルは ~ の付いた名前になる)
 --exclude 指定したファイルを転送しない
 -e ssh sshで転送

注意:
-上記の例は,~/Sitesディレクトリ下のファイルを,pw0XXの~/public_htmlディレクトリ以下に転送する
 rsync -auvz -e ssh ~/Sites pw0XX:public_html
とすると,pw0XXの/~public_htmlの下にSitesディレクトリを作ってしまう.
-すなわち,
 ~/public_html/Sites
ができる

----

#navi(ソフトウェア基礎I/11)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS