シェルの設定

Hello

シェル(csh)入門(SuperText 上巻 第11章 p.119)

11.1 cshとは

シェル

  • (1)プロンプトを出力して,コマンドの入力を促す.
  • (2)キーボードからの入力(文字)を Enter(Return) が押されるまで蓄える.
  • (3)Enter が押されたら,蓄えておいた文字列を空白などで区切ってコマンドの名前と文字列と引数の文字列に分ける.
    • e.g.) 「ps u」としても「ps    u」としても同じ
  • (4)コマンドの名前から,その名前のプログラムを見つけ出す.
    • 詳細は 11.9 にて
  • (5)見つけたプログラムを起動し,引数の文字列を渡す.
  • (6)特に指定しなければ,シェルは起動したプログラムが終了するまで待つ.
  • コマンド名 or ファイル名の補完機能: Tabキー, C^d

11.1.2 sh と csh

11.1.4 cshの説明における「コマンド」という用語の使い方

  • 「ps コマンド」という場合
  • 「ps aux」をコマンドという場合
  • 「コマンドライン」という場合

11.1.5 コマンドライン編集機能

キーバインディング機能
C^a先頭に移動
C^e最後尾に移動
C^f右に一文字移動
C^b左に一文字移動
C^dカーソルの位置にある文字を消去
C^hカーソル位置の直前(左)にある文字を消去
C^kカーソルの右側全てを消去(バッファにコピー)
C^wカーソルの左側全てを消去(バッファにコピー)
C^yバッファに保存されている内容をペースト(貼り付け)
C^l画面全体のクリア
C^p一つ前に入力したコマンドラインを表示
C^n一つ後ろのコマンドラインを表示

11.8 エイリアス機能

  • コマンドに別名を付ける
    alias $name $command-line
    zshでは,
    alias $name = $command-line
  • エイリアス設定の表示
    alias
  • エイリアスの削除
    unalias $name
  • シェルスクリプトではできないエイリアスの応用
  • why?) シェルスクリプトでは,新しいシェルを起動してスクリプトを実行する.そのスクリプト内で変更されたシェル変数は,新しいシェルのものであり,元のシェル変数はそのまま保たれているため.

11.9 コマンドサーチパス

  • (1)コマンドが「/」を含めば,パス名を指定したものとして,そのプログラムを実行.
  • (2)コマンドが組み込みコマンド(cdなど)なら,その組み込みコマンドを実行.
  • (3)シェル変数 path を使って,実行可能なファイルがそのパスで指定されたディレクトリ内にあるかを順に探し,最初に見つけたものを実行.
  • (4)以上で実行できなければ,コマンドが見つからないという表示「Command not found」を表示.
     which ls
     echo $path


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-04-24 (木) 15:04:05 (2002d)